【前半】

モール   2本取られたが、止めたシーンも何度かあった。前半

       2本全体で4本ペースなら、悪くないと思えた。

スクラム かなり押し気味でした。

ラック    オフェンスのラックもディフェンスのラックも人数を

       かけずに相手にプレッシャーをかかられていた。


DFで春シーズンに気になった、相手攻撃の順目をうめていく

のは、早いとまではいかないが、遅れるシーンはあまりなく

なっており、ラックを少人数で組めていて、チーム全体の

ポジショニングも良いため、関東学院より1~2人DFが多い

シーンが目だった。


そういったシーンはこれまでの同志社ではみられなかった

ことで大変うれく思った。


関東学院ファンの方がFWで劣勢であるため「BKにまわせ」

といっていた。実際にBKにまわすと人数で上回る同志社DF

にかかってしまって、関東学院の反則となるシーンが目立っ

た。


攻撃でも素早く外に回したり、ギャップをついたりしてゲイン

をしていたので、とても安心して見られた。


【前半残念だった点】

DFで、相手キャプテンを中心にラック周辺をするっと抜け

られるのが目立った。

攻撃では、外でかなり余っているところを相手にうまくスペ

ースを埋められたものもあるが取りきれなかった。

レベルが上がれば、なかなか余らないので、余ればきっち

り取って欲しかった。(相手もそうはさせじとなるのですが・・・)


つづく