【後半】

ラック周辺のレフリングが厳しくなったように感じた。

思い切ってラックに突っ込んで行って相手にプレッシャーを

かけようとするのだが、それがペナルティーとなった。


選手のみなさんは

反則→ペナルティーで関東前進→モールでトライされる

を想定しているので、反則に敏感になった。


このため、ラックで相手にプレッシャーがかからず、

相手の球出しが安定し、こちらのDFの広がりも徐々に

早さがなくなってきた。


更に関東学院BKが後ろからスピードをつけて走り込んで

くるため、スピードに追いつけず、タックルをはずされてし

まうことが目立ってきた。


もちろんタックルを外されてもカバーのものが止めるので

す(←一発で抜かれることが少なくなった)が、すでに抜か

れている選手は次の局面ではDFに参加できず、前半ほど

数的に優位なDFが出来なくなった。


前半から引き続きポイント近場でもゲインをされていたため

もありDFが不安定となった。


DFが不安定でFWの走る距離が増えたためか、前半からの

モールDFのためか、後半はじまってしばらくすると同志社

FWに「バテ」が見られるようになった。


攻撃でも、2次、3次でのポイントにFWが遅れ、前半は確保

出来ていた外側のポイントでもボールが確保できず、ノット

リリースザボールが増えた。


関東学院の攻撃シーンが増え、同志社の攻撃は単発と

なった。


最後は、モール以外でもトライを取られた。


【試合を通じた課題】

①バテ対応

②レフリングに対応

③内側のDF

④外されかけたタックルは何とか足だけでも持っておく

⑤数的不利のDFでは前に出れず、相手にプレッシャーがかからないことをどう解消していくかへの対策


【関東学院で気になった点】

練習のタッチフットを見ても、ボールを持っていないときの動きは全体に不足しているように思える。

前半FWで押されたときなど特定の箇所しか攻撃できそうになかった。


【感想】

前年関西7位のチームが関東強豪といい試合が出来るようになりました。

まだまだ、勝てていませんが、伸び盛りですので、もっともっと伸びて

もらえると思って楽しみにしています。


DSNはこちら

http://d-support-network.net/