DSNはこちら

http://d-support-network.net/

関学に負けた慶應に同志社が負けた。

その関学が青学に大敗した。


なら青学>関学>慶應>同志社の順になるはず。

青学と慶應がやると結構な差をつけて青学が勝つことになります。


たいていの人は青学と慶應なら慶應のほうが強いと思うでしょう。

私もそうです。


関学と慶應、同志社と慶應の2試合とも見ましたが、

慶應の出来が全く違う。


メンバーが変わったことも多少はあるのでしょうが、ラグビー自体が違う。

メンバーであれだけ違うというのなら、練習で意思統一がはかれていないと思える。

やはり、練習でやれることを増やしたのでしょう。


しかし、同志社も練習で出来ることを増やしています。

早明相手では、ターンオーバーからとったトライが多く、ボールを確保して

攻めて獲ったトライは少なかった。


慶應戦は違いました。

ボールを確保し、トライまで持っていく。

いい攻撃をしていたと思います。


慶應DFがCTBのあたりで前に出るものであったため、外へ広がったり、外側の

スペースを埋めるのには難のあるシステムであったのを利用し(?)、積極的に

飛ばしパスをしていました。

言い換えると相手DFラインの眼前、近いところで外側に一気にもって行く攻撃が

有効でした。

相手どうこうではなく、同志社が練習でやってきたことなのかも知れません。


外側にボールが渡る時には、慶應DFラインがCTBのところで前に出ている

ため、入れ替わりるような形になり前のいない同志社WTBが比較的ロングゲイン

をする。

相手の残っているDFを個人技でかわせればトライ。

こんな攻撃を主にしていました。

関戸くんや中村くんが目立ち正海くんがトライを獲るのも納得です。


しかし関戸くんは大活躍ですね。

同じコンバートでは西林くんも大活躍で頼もしいかぎりです。


ちなみに昨年の伊那で早稲田は、同志社の前に出るDFに対し、深いアタック

ラインを敷き、外側でかわすし一気にゲインする攻撃を多用していました。


ボールを下げるのですが、BKの個人技が素晴らしいため、有効に機能して

いました。今年の同志社は早稲田とは違い、前述のとおりボールを下げずに

飛ばしパスで抜いていっていました。


相手DFに近いところでパスをするのでプレッシャーはかなりきついのですが、

それにしては同志社のパスは良かったですね。

判断やスキルは早稲田の攻撃より要求されます。


飛ばしてばかりだと相手DFが外に対応するので、縦に入る攻撃もする必要が

あります。

縦にいくと前に出てきている慶應DFのプレッシャーを受けながら、ボールコン

トロールをしなければなりません。


試合開始直後は1対1で結構やれていたというか余裕のあった同志社ですが、

試合中、複数の慶應対1人の同志社の図式になり、ラックで後手を踏んでいました。

このため、結構けが人がでましたね。早い回復を祈っています。


次回は同志社のディフェンスを書こうと思います。