ラグビー 大阪産業大学B戦

テーマ:

同志社の外側の攻撃について

<上のチーム>

当たる→立っている→両チームのフォローが来る→ラック→DFが揃う。

<このチーム>

当たる→たっている→相手のバックアップDFが来る前に外側の選手にパス

相手DFが揃ってない外側でゲインラインを超えて前に出る。


ラックにしないため、スピーディーな攻撃でよく抜けていた。

見ていて、楽しかった。

少しタイミングが遅れるとラックになってしまうのですが、

いいタイミングでボールを放せていた。


上のチームは相手の圧力が強いため、ボール確保を優先するからかラックです。

それでも、きちんと意識すれば、そこまで難しいものではないので、

やってくれると思います。


植木君はいい走りをしますね。

昨日、試合を間違えて書いた鳥原君もいいですね。

西池君が復帰してうれしかったですね。


山下君が縦に再三いいゲインをしていました。

相手をふっとばすような力強い突進でした。

彼も大変魅力的ですね。


<明治戦追加>

日野君がいい動きをしていましたね。


明治にとられたモールのトライですが、

モールは動き出すと止めるのがとても困難です。

モールで同志社がDFできたときは、横に進ませても

前に進ませていません。


しかし、明治がモールをずらし、同志社のDFのいないところ

を探して前に進んでしまった場合、

ずらされた同志社のプレーヤーが明治モールの横で残っていて

モールDFに入りなおせていません。

少し戻るのが遅れています。


横にひっつくような形になれば、相手を止める力はあまりないため、

早く戻ることを意識すれば、更に止められるモールが増えると思います。


明治戦の後半もアップされています。

毎度ながら大変ありがたいことです。

感謝しております。

DSNはこちら

http://d-support-network.net/

HEADLINESの6月1日の項目です。