京都ラグビー祭 明治戦②

テーマ:

同志社のラインアウトが良かった。

マイボールは確保。

敵ボールは前半を中心に結構取る。前半は連続で同志社が

明治ボールを取るシーンもありました。

後半は明治もマイボール確保が増えました。


後半の明治のラインアウトを見ると、並んでいるFWの後ろの

ほうの選手が、自陣ゴールの方に少し曲がって立っており、

そのまま後ろの選手に合わせるとノットストレートになりそう

なので、前半分のところにしか投げないんやろうなぁと思って

みていると案の定、前に投げていました。


同志社唯一のトライは相手ボールスクラムでボールを

奪ったもの。

明治もスクラムを起点に2つトライを取っていました。


スクラムは前半立ち上がりに明治優勢。前半中盤以降は安定。

後半立ち上がりは同志社がうまく?組み明治がくみづらそうでした。

後半の中盤以降は両チームメンバーチェンジがあり、明治が優勢に

なり、スクラムからのトライもありました。


FWはいい仕事をしたと思います。

モールも何度も止めていましたし。

今後も期待しています。



レフリーはあまり、私の好みではありませんでした。

同じような反則を取ったり取らなかったり。


タックルできないようにしたオブストラクションを1つとりましたが、

同じようなシーンは試合中他に3度はありましたが、とっていませんでした。


スクラムは同志社が落としたのに明治に注意していたりしていました。

スクラムはレフリーがあまり見れていないようだったので、それを同志社が

利用しているようでした。

セットプレーでは同志社がしたたかでしたね。


ラインのオフサイドは試合中一つもとりませんでした。

明治は何度もやっていましたし、同志社も1回は確実にやっていました。

ラインのオフサイドについてのレフリングでは結構、明治に恩恵がありました。


タックル前にモールを組む(オブストラクション)も全くとらなかった。

これはかなり明治に恩恵がありました。


レフリーに文句ではなく、レベルアップして欲しいと思っています。

今年、一番しっくりしたレフリーは、Jスポーツのシャークス対ストーマーズの笛

でした。あまりスーパーラグビーも見れてないですが。


同志社は何度か攻め、相手DFにギャップを作って、ゲインするのですが、

それでチームとしての体勢がくずれていて、ゲインしたところにフォローを

送り込めない。

前でつなげればトライは増えると思います。

ただしボールキャリアーがスピードを落とすとより手前で明治DFにつかまる

感じがありました。


ちなみに明治DFはかなりしっかりしていてなかなか崩れませんでした。

一人一人は少し明治のほうが圧力があると思いました。

なかなか崩せなかったのはそのためもあると思います。


それでも、外側でBK2人でラックを作ってすぐにボール出しをしたシーンなど

もあり、なかなかやれていたと思います。


明治戦の朝、このブログに書いたダウンボールは皆、きちんとやってくれていました。

トライにつながりはしませんでしたが早稲田戦よりも連続攻撃が増えました。

得点にはつながっていませんが、一定の成果だと思います。


攻撃で、当たって、立って待って、圧力をうけ、ラックにしてるので、立てるのであれば、

ラックにせずにボールを放せるようになると更に攻撃にキレが出てくると思います。

放せる位置に味方がいるかも焦点になりますね。


当たってボールをつなげるかは、このブログで次回(だと思います)書く大産大戦の

練習試合が考える材料になります。

同志社のDFが前に出ると迫力がありますね。雨ということもありますが、

前半の中盤以降は明治のFWもたじたじって感じでした。


DFで人数が足りないときもきっちりスライドしてスペースを埋めていました。

いいDFです。


来週はどんなところが明治戦から良くなっているのか、楽しみです。


雨はイコールコンディション、一般的にFWの強いチームに有利に働きます。

明治は後半自陣ではあまりBKに回さなかったように、雨はより同志社にマイ

ナスの影響をもたらしたと考えています。


明治もいいファンがおられるが、同志社も負けていません。

雨の中撮影、編集していつもより早く

ネットにアップしてくださり、大変うれしく、また、ありがたい。

すばらしいファンがおられます。


百聞は一見にしかず、私の文より何倍も良い

同志社対明治の前半の映像はこちら

DSN http://d-support-network.net/

HEADLINESの5月30日の項目をクリックください。