関西ラグビー祭

テーマ:

関学vs慶應と同志社vs早稲田を見て来ました。


関学は、以前書いた京産戦の後半と基本的に変わっていませんでした。

短く深いラインで走りこんできてポイントをつくります。

ボールを相手DFの前で扱うのですが、プレッシャーのもとでボールを

扱うのには慣れておらず、ハンドリングミスをしてしまっています。

相手がかたまったら広く、少し浅めのラインをしいてポイントから

最も遠いコーナーフラッグめがけてななめに走るようなプレーをなんど

か試みていました。


しかし、本日出場の4大学のうち前5人の体重をざっとみましたが、

慶應はかなり小さい。

前半立ち上がりから、関学がFWで圧力をかけていたので、

基本関学ペース。


関学が攻め、ミスして、慶應が攻めきれずに関学が主導権を握っていました。


後半は慶應がどう修正してくるか?と興味を持ってみていました。

慶應は、スクラムやラインアウトでプレッシャーをかけ、セットプレーから

ゲインを狙い、それがあたっていました。

デザインされたプレーです。若干不利な展開で負けるわけには、いかなかった

のか、狙ってトライを取りにいった感じです。


しかし、全体の主導権は関学にあり、それを崩すまでにはいたらず、

後半の終わりには、再び関学ペース。


慶應は、CTBが縦をついて、ポイントを作り、そこから早い球出しを順目にするプレー

が多く、それ以外のプレーはあまりキレがよくなかった。

伝統的にうまいラインアウトもそれほどでもなかったですし、今の時期はCTBでたてを

つくプレーを中心に練習をしているのだと思わせる試合内容でした。


慶應はFWの力強さに難点があり、相手のFWプレーが続くと順目のサイドがあく傾向

があります。関学は縦をついて、展開していたのであまりそこを突けていなかったですが、

深いところから空いたサイドに走りこむようなプレーをするとかなり慶應はピンチになった

と思います。


慶應のSHはスピードがありますね。

関学はNo8が力強かったですね。


同志社と早稲田の試合はまた、別に書きます。