京産大戦

テーマ:

前半

同志社がモールを押していた。FWの諸君ありがとう。

スクラム(後述)でセンターラインを超えていた。これまたFWの諸君ありがとう。

早い展開であった。

下平君が2トライ

バックスリーがトライ


後半

2次、3次のDFに並べていなかった。

転向した西林君がトライをした


スクラムは、ヒットして同志社が押し込み、近年のスクラムの最重要ポイントで

あるセンターライン(両チームの1列の中間にあるゴールラインと平行の架空の線)

を越えた。

押された京産は、まっすぐ組まず、ななめに組んで同志社の押しをまともにうけず

押しづらくする。その体勢(京産3番と同志社1番が近づいたスクラムで上から見ると

「く」の字のよう)のまま押し返そうとする。


というのが前半です。

ななめに組むのは昔はスクラムの高等テクニックでしたが、いまは危険防止のため

まっすぐ押し合うことになっています。

いいレフりーだと・・・


後半は、スクラム組む瞬間からななめに組んでその体勢から押すようになりました。

同志社は変則(京産3番が前に出るようなものなので結構変則だと思います)に

対応できていませんでした。


通常の組み方の一番重要視されるセンターラインを超えることがすっとできていま

したので、変則への対応という経験面はともかく、今後に期待の持てるスクラムだと

個人的には思いました。


京産大の攻撃は前半は深くて狭いラインだったので、どこで突破してくるか、わかり

やすかったですね。もう少しオプション(突破してきそうなところが複数ある)を持った

攻撃のほうがよかったと思います。

ちなみに深いラインで相手から充分間合いがあるところでボールをまわすので、ミス

がなく、思い切ってあたってきます。

それをきっちり止め続けた前半の同志社DFは強かったと思います。


後半は、スクラムもありますが、京産大がラインを広くし、少し浅めにしました。

外側までボールをまわします。

同志社は1次攻撃はきちんと止めますが、止めた時に、DFのポジションにかたより

-ブラインドサイドに少し人数をかけすぎでオープンが少ない状態-があったりして

2次以降で足りないスペースを京産大SO(いい選手ですね)や外側の選手が突破し

ていきました。


1次攻撃の外側への攻撃を止められそうなら、外側のプレーヤーを信頼して、次の

展開に備える。それで、外側にいるプレーヤーが止められなかったとしても、相手が

よかったから仕方がないと思う。

以前練習でBチームがこの内容の指示があったあといいDFをしてAチームのゴール

前の攻撃をきっちりしのぎきったことがありました。


外を攻撃されて、そのスペースを何人もが埋めにいって次の展開で

DFが少し足りなくなっているところを走られました。


外のプレーヤーを信頼して次の展開に備える。今年のテーマの「TRUST」がかぎです。


やはり初戦ということで全体にかたかったです。練習を見てるともっと同志社の攻撃

にキレがあります。

前半はいいラグビーでしたが、同志社の攻撃はあんなものではありません。


アフターマッチファンクションではチャリティーオークションがあり、若江君と大鷲君の

司会もうまく、試合と同じぐらい(?)盛り上がっていました。


来週以降も試合があります。勝ち負けはもちろん大事ですが、練習でしてきたことを

どれだけ出せているかを見せてもらえれば、嬉しいですね。