スキル練習について

テーマ:

ファンクラブの総会に出席したので、たいした時間見ていませんが、

昨日の練習です。


見た中では、グラウンドの幅いっぱい使ったDF練習

去年よりはDFのレベルが上がっていますね。


続いてFW・BKに分かれての練習です。

FWはラインアウト

BKはスクリューしないパス(平パス?フリックパス?)の練習

BKはその後、5対3でDFする練習。


グラウンド中央からタッチまでの約半分弱

に攻撃が5人でタッチラインまで広がっている。


DFは3人で、しかもポイント近くに固まっており、外が大きく

あいている状況。


攻撃側は普通に1人が1人ずつひきつけてパスすれば、

トライまで持っていける場面。


もちろん圧倒的に不利な場面でゲインはされるのであるが、

内側を抜かれないように気をつけながら、外に広がり、攻撃側が

パスを投げる度、外を埋めていく。


途中で抜けましたが私が見ている時間でトライされることはなかったです。


鬼束コーチは攻撃側にあまりひきつけなくていい旨の

ことをおっしゃっていました。

外を埋めていく動きの感覚をDFにつかんで

もらいたかったのかもしれません。


内を気にしながら外のスペースを埋める。

選手は”プッシュ”と言っているようです。

外に広いスペースがあるので、DFは前に出てしまうと

外を埋めるのが遅れる。


全く前に出ないということではないが出過ぎるDFを久保君が

注意されていました。今後修正してくれると思います。


ファンクラブの総会で鬼束コーチに話を伺うと

「去年のビデオを見ていると、ああいうシーンでビッグタックルを狙って

飛び出す規律のないDFをしていることが多かったので練習した」

とのことです。


昨年を振り返り悪かった部分を修正していただいているようで大変

うれしいことです。


また、FW陣は徐々に体が大きくなってきており、これもまたうれしい

ことです。


キャプテン西田君、副キャプテン日野君、正海君を中心に

頑張ってください。


昨年11月、宮本さんとお話させていただいたおりに、

「日野君はとてもいい選手だ」と絶賛しておられました。