昨日の試合


jrは、少し広がるのが遅れたため、外側でDFが届かないようになっていました。

しかし、天理はFWが強くないため、前半半ば過ぎから、ひざに手をつく選手が

目立ちだしました。

それにともなって、同志社の攻撃がゲインできるようになってきました。


DFも広がるのが少し早くなったため、前半終了ぐらいには、ほとんど止められる

ようになっていました。


相手FWのバテもあるので、後半は期待できるなぁと思っていました。

後半途中には、トライ数で3-4の時間帯が続き、同志社が天理ゴール前で波状

攻撃をしていました。


モールを押したり、サイドを突いたり、まわして突破を図ったりでした。

個人的には相手FWがバテているので、徹底してFWでやってほしかったですね。


最後に国立に行ったときの関東学院戦を思い出しました。

ゴール前でFWで押し込もうとするのを関東学院が反則をまじえながら耐え、

取れないかもと思った同志社がパスアウトして外側で取ったトライのシーンです。

スタンドでFWでこだわってほしかったといっていました。


相手はFWでやられるとガタガタになるなと思っていたところパスアウトで、取られる

のは仕方がないとあきらめられると翌日の新聞に相手ロックの談話がありました。

その新聞には萩本さんもコメントを寄せられ、FWで行くべきか徹底されていない、

旨が書かれていました。


相手の強いところを破って、ガタガタにさせるのです。

その点で昨日のジュニアはあと一歩でした。


気落ちした同志社と集中して取りに来る天理

ここ一番が明暗をわけましたね。


立ち上がりのDF以外は、少し早く広がれば、何とかなります。

若干苦手にしているサイドタックルも決まっていました。


jrはトーナメントがなさそうですね。残念です。


練習試合は、前半、同志社のFWがかたまって広がれないため、あちこちDFがあいて

いました。少しづつ、修正していましたが、全体に運動量の少ない硬い試合運びでした。

パントのときにかたまって広がるのが遅いため、カウンターに弱い面がありましたね。


後半は、うって変わって、広がる、前にでて、思いっきりからむ。

往年の法政や先日の慶応を思い起こさせる前にでてがっつりあたるいいDFでした。

これまでは、AもBも含めて、タックルを外されないように見てあたるものでしたので、

相手にあまり圧力がかからない。

今期の同志社で一番のDFでした。


全体にサイドのタックルが良くなっていました。

取られてもうつむかなくなったところがとても良かった。

昨日一番うれしかったことですね。


今日はどんな試合をしてくれるか楽しみです。

周りを気にせず、思い切って試合をして下さい。