関学戦

テーマ:

良かったところ、テリトリーを取るための判断。

後半のメイン側にきったタッチなんかは素晴らしい。

前半、小森君だったと思いますが、蹴りこめなかったものも、

いい判断でした。

相手がいなくて、あわててスペースを埋めようとしていたこと

でもわかります。

後半は押し気味で自陣であまりいなかった。

その割りに後半も得点されてますけど。


後半のトライは我慢してまわして久しぶりにうれしかったですね。


負けたので課題はありますねぇ。

モールDF、立ち上がりモールDFで押し返すなど、少し良かった。

これが災いし、いけると思ったのか、逆に雑になった。

モールをずらされて前に残った選手が多いのに、戻らない。

相手の中に割って入っていなくて、前に残っている選手は

有効ではないので、早く戻るしかない。


関学のモールDFを見ると相手からずらされそうになるとその方向に

まとまりのまま動く。結果ずれない。

同志社はずらされてしまう。

モールの端の部分が関学は相手モールを包むようになっており、

同志社は逆に相手に張り出されているように感じました。

エッジっていうんですかね。そこが問題なのでは。


摂南はモールを使ってきます。

じっくり練習してください。

言うのは簡単ですね。


後半のトライのシーンですが、ショートサイドに何人もの選手が

残ったまま、ボールを見ていました。

相手の人数と全くあっていないので、外にまわせば、確実に取れます。

天理戦では、死活問題ですので、そこまで悪くありませんでした。

しかし、関学はなかなか外にまわせないので、近場をついた攻撃が

自分側に戻ってくるかもと思ったのでしょう。

ただ、相手のほうが多いところを攻める可能性は低いのは当たり前です。

そこで待っているのは運をたよりに守っているのとかわりません。


他にも何度もショートサイドに何人もがありました。

関学だからその他のシーンではやられませんでしたが。


ただ、相手にゲインされない時は順目にきちんと走りこんで、埋めています。

ゲインされると近場に戻れた選手が圧力をかけますが、それを見ている

選手がいます。

ゲインされた時のほうが目立てます。そこを狙って活躍する少しやらしいぐら

いの性格のほうが、今の同志社には必要ですね。


ポイント近場で前に出るいいタックルもあっただけに残念です。


関学も天理も弱いFWながら、FWでトライを取っています。

同志社はそれより強いのにFWで取れません。

中期的にはFWでトライを取れるようにならないと。


摂南戦も80分間がんばって走り回ってください。


<中尾監督批判の方へ>

私は監督擁護のためにチームや個々のいい点を書いているわけではありません。

いいところも悪いところ(=課題)も書いています。

最近は負けているので、課題のほうが多くなっています。


もし私の意見から監督批判につなげたいのであれば、課題をじっくり読んでください。

それをどう利用するかはご自分でお願いします。

素人が好きに書いてるだけなのに。


ただ、シーズンが終わってもいない終盤の「この時期」、急に監督交代になるはずも

ないのに、監督交代を訴える人とは、あまり意見があわないと思います。


もし私が監督批判をしたいなら、シーズンが終わってから集中して批判を書くでしょう。

私が監督をまずいと思うなら、DRCの幹部に直接話します。


試合に行けば、ちょくちょく幹部をみかけます。掲示板で言うよりも決定権のある人に

はたらきかけるのが、より効果的であるのは当たり前だと思います。


しかし、そんなことをしたとは、見聞きしません。

なぜ、あんなに書きこんでいるにもかかわらずしないのか私にはさっぱりわかりません。


私はDRC幹部に直接はたらきかけるような不遜なことはやらないですけど。

なお、たきつけているわけではありません。