天理戦

テーマ:

頭を丸めた選手が多く、気合が入っているのがわかりました。

そのとおり積極的に前に出て、いいリズムが出ます。


しかし、攻撃ではこれまでと同じく、ラックで二人目が遅れ、

ノットリリースやミスにつながります。


攻めきれない同志社は、次第にリズムを悪くしDFでも、広がり

きないところがありました。

そこを天理は見逃さず、すばやく展開しトライへ


外国人の個人技などもでて、差が開きます。

トライのない同志社はリスクの高い自陣からの展開をします。

そのボールを取った天理は、きちんとトライへ


合同練習では、もっとやられていました。


DFはかなりよくなっていました。

得点を取られてキックもきちんときめられ差が開いたので内容

まで悪いとおもいがちですが、そうでもないです。


順目のスペースを埋めるのが格段に早くなりました。

これまでは、展開されると逆目にとりあえず並んで、少し余裕が

あれば、順目に並びなおすことが多くありました。


天理戦では、順目に並びなおすようなプレーヤーが順目を目指

して動いていたので、そういう時間帯はいいDFでした。

このため、セットプレーからはともかく、ゴール前でもラックにな

れば、かなり止められています。


しかし、今までのように並びなおすのが時折みられ、そういうとき

天理が見逃しませんでした。敵ながらいい判断です。


きちんとDFが前に並んでいるときには、かなり止められています。

並べていないときもなんとかくらいついて止めていていいDFでした。

春の慶応戦よりDFのレベルはグンと上です。


並びきれなくなった時やセットプレーからのサインプレー的な展開

を止め切れていなかった、それをことごとくトライにもっていかれた

ので、得点差はひらきました。


抜かれたときのバックスリーが待ちすぎです。

もちろん、他のDFと連携が取れたり、キックの警戒のためでし

ょうが、前に出ないと相手がいい判断をして、天理戦のトライの

ようになります。

森脇君が近大jr戦でひとついいタイミングであがったものがあり

ますが、同志社のバックスリーのDF全体の傾向です。


そこを修正すること、逆目にならばず、順目をめがけて走ること

をすれば、結果にも必ずつながります。


近場は思いっきり体をあてにいく、外側はあまり前に出ず、外に

追い込む、抜かれかけたら、後ろはすばやく帰り、後ろに入れる

ものはきちんとかえる、完璧な動きがもう少しでできます。


得点差はひらきましたが、先がみえたDFでした。


得点を取れれば、相手もあせるし、こちらも乗るしで更にかわる

のですが、攻撃が問題ですね。


この一週間は天理戦の修正、エリアマネジメント、モールの練習

にあけくれるのがいいと思います。


エリアマネジメントはあまりうまくないです。

綾城さんのときは、他はともかくエリアマネジメントはうまかったで

すね。バックスリー出身者なんかの方に一日コーチを頼めない

ですかね。

蹴りあいはバックスリーのほうが慣れていますので。


関学相手にはエリアマネジメントが欠かせません。