ジュニア関西学院大戦

テーマ:

試合前、関学FWの体つきを見て、あまり走れそうではないなと思いました。


関学DFは広がるのが早く、ポイントから3人目ぐらいの位置はDFの押し上げも早く

その位置はいいDFでした。しかし、ポイントすぐ横、いわゆるゼロチャンネルの

ところはあまり押し上げないため、同志社FWが再三ゲインをしていました。


ゲインしますが、ピックアンドゴーを連続しているため、長く続けるとどうしても

ミスが出ます。あれぐらい続けてまだ、それでいくのもどうでしょう。

ある程度続いたら、少しラックでボールを停滞させて、攻撃の陣形を整えるのも

必要だと思います。


同志社に攻められ、前半中盤からは関学FWが予想どおり?ばててきたため

スクラムでも相手ボールを何度もとるなど、同志社ペース。


FWでゲインできているため、テリトリーは断然同志社が優位で、前半の関学は、

同志社のミスからのカウンターと同志社の反則で前に出てモールだったと思います。


後半に入り、同志社FWにもバテが見られるようになり、少しずつフォローが遅れたり

して、前半ほどFWでゲインできなくなってきます。

更に関学はポイント近辺の同志社の攻撃に何とかからめば、ミスしてくれてトライに

ならないため、そこを重点的に守ります。


同志社がバックスにまわしても、パスミスがよくおこります。トイメンの圧力をうけた

なかでのパス回しの練習をもう一度やりなおす必要があると思います。


そんな中でも、関学が守る際にキックに備えていない場面が何度もありました。

自陣からサイドをついてゲインをはかるAチームの戦い方と同様でした。


キックをころがしてゴール前に迫れば、短い距離のピックアンドゴーは相手の脅威

ですので、もう少し得点が伸びたとは思います。


吉田君の戻ってのタックルが良かったですね。

斉藤君もいいゲインをしていました。


いつも、タッチライン際、がんばってタックルに行く廣田君、今日もいいのが2つ

ありました。結構応援しています。