京産大戦

テーマ:

体大戦後半から続く相手DFを破れない状況が続いていました。

相手はサイドでダブルタックルでからみボールだしを遅らせ、

少しゲインされても、粘り強く近場でタックルし、DFラインの裏に出させない。


近場でからんでいる間にDFライン全体を敷きなおすため、

外側でスペースがなく、バックスリーに展開しても走れない。


このため、比較的大柄の勝山君がボール保持のため、当たっていくことになる。

しかし、近場で徹底してからまれながらボール出しをしていたFWは

外に走る余裕がなく、外側でのボール確保が不安定になる。


自陣から展開するのですが、ゲインして相手DFラインを押し下げても

破ることは出来ないので、継続しているうちにミスか反則になる。

これで自陣に戻され、ゲインするも得点にならず。


以前このブログでDFが前に上がってきて外側があかない場合にゴロパント

を使うことを書きましたが、あの折には相手キック処理が後ろにいたので、

ゴロパントと書きました。


京産はそこまで余裕がないため、キックに備える選手がほとんどいない

状態が結構な時間続きました。

そこにキックすれば、トライか悪くても京産を大ピンチにできます。

前に出て短いゲインや突破力に優れた選手でトライを取りにいく


相手はキックで状況がまずくなれば、前のDFに専念できず、必ず外があきます。

その時こそ外をつき、フォローが走り一気にトライまで持っていきたいところ。


自陣からの展開が悪いとはいいませんが、うまくいかない時は、自分たちの

得意な形にもっていくためにキックを蹴ることも選択肢に入れたほうが良い

と思いました。

逃げるためのキックではなく、相手を崩すためのキックです。


それとキックで陣取りするのに、相手のいないところに蹴るのが原則です。

カウンターをされますので、味方がチェイスできるところでないといけませんが。


今シーズンはあまり対角線にスペースがあっても蹴りこまないので、

もったいない感じを持っています。

なお、あまりDFラインを破れませんでしたが、タッチラインに近いところは

何度か破れていました。

特に後半は京産FWがばててきたので、中村君や西林君のロングゲインが

ありました。


ただゲインしてもパスをもらえるところにフォローがおらず、ラックにせざるを

得ず、必死に戻る京産DFが再びラインとなって一からの攻めになっていました。


攻撃の際、全体にフォワードが早い球出しのために広がれず、外でのボール

確保やフォローに遅れ気味になっていました。

相手DFをポイント近くで破るために、SHが外に開いて、内側に走りこむ選手に

バックフリップパスを何度も試みていました。


相手DFのギャップをついて、それなりに有効でしたが、ゲインしてからまれて

いたので、その後の有効な攻めにつながりませんでした。


ギャップに走りこむ選手がもう少し早いタイミングで2人いれば、タックルと

同時にリップして相手BKを巻き込み展開して外でトライとできると思うのですが

難しいですかね。


いずれにせよ、ギャップでゲインした後、ボールを早く動かすために何ができる

かが最大の課題だと思います。

あとセットプレーのときはもう少し早くセットしたほうがいいと思います。


大阪弁野郎さんがらくがき帖にイヤーブックのことを書いておられます。

自分たちのゲームをしたかったのだと思います。

結果として負けてしまいましたが。

ゲームは選手のものなので、残念ですが仕方がない。


体大戦後半から、立命、京産と同志社の攻撃を止めるための作戦を忠実に

やっています。

次戦以降もこの状況が続くと思われます。


もう失うものはないと思います。

4年生にとっては残り少ない最後のシーズンです。


思い切って、自分たちの描く攻撃ができるように創意工夫してください。

試合には悔いの残らぬよう全力でのぞんでくれればと思います。