ジュニア京産戦


神倉君がよく声を出していましたね

野上君ももちろん場面ごとに指示を出していました。

平岡君は、しばらく前はゲーム中バテてそうに見えたところもありましたが、

かなりゲームにフィットしてきた感があります。


菅原君の突進力は相変わらず、もう倒れると思ったところからまだゲイン。

素晴らしいですね。


西林君の縦突進は強烈ですね。


小林君が走るのを見るとスキーのスラロームを思い出します。

上体は立っていて下半身が別の生き物のように動きます。

下半身がしなやかなのだろうなぁと思います。


藤巻君はやっぱり速い。


全君がいい動きをしていました。

橋野君は前回見たときはあまりよくなかったですが、昨日はいきいきして

いましたね。


森田君は貫禄ですね。いいリズムになります。


ここ3試合ほど、下平君のDFのコース取りが良くなっています。

以前は少し雑なところがありましたが、本気を出せば違いますね。


試合は京産がスクラム、モールをで得点したいため、敵陣ゴール前にいる

必要があります。

キック力のあるCTBのキックで前進をはかります。

以前は、キックで前に進まないといけないのにキックが下手やったりしていた

ので、考えてきている感はありました。


しかし、同志社のモールDFもそこそこできますし、スクラムも同志社があわや

スクラムトライかというものもありました。


大産大戦

 大鷲君が良かったですね。

 渡辺君も積極的にギャップをついていっていました。

 コンバートの圓井君もいい動きでしたね。


試合は大産大CTBが良く縦突破をされ失点が先行します。敵ながら天晴れな

CTBでした。また、大産大のゴールキックが難しい角度からでもきちんときめ

前半は4本すべて成功。


そこからじわじわ巻き返し、大産大のバテも手伝って後半は一方的。

ただし、得点差が微妙に影響を与えるのか、あと一息で逆転というところで

ミスしたり、逆転してしまうと相手ペースになったりしていました。


よく走ってDFしたと思います。失点なしからはほど遠いですが、DFを試合中に

修正しているので、近大戦もそうですが、まずい状況から、勝敗を争えるように

はなっています。

更にもう一段上のDFを目指してがんばってください。


二試合ともモールDFの場面で、相手がずらして進みだした時に前に残ってしまっている

プレイヤーがもう少し早く戻らないといけないなという場面が少しありました。


部員の近くで試合を見せてもらったのですが、とても楽しかったですね。


今日の立命大戦ですが、正直、今の時点で天理ほどの得点力は同志社にはないと思って

います。

得点力が比較的低いチームはロースコアでの戦いを目指します。

試合をぶつ切りにして得点機会を減らす。ぶつ切りにすれば相手の苦手なセットの回数が

増えるので、その点でも優位になる。

また、FWの強さはこちらのほうが上なので、試合の主導権を握りやすいということがあります。

そのためにもDFは重要です。


前に出る。特に近場でDFラインを押し上げる。

タックルは必ずつかむ。です。


春と夏の立命戦の内容を公式HPで見てみました。

失ったトライは春4、夏3です。

内容は、

 春

  ゴール前15mぐらいからのもの

  モール

  ゴール前のサイド攻撃

  ゴール前のサイド攻撃

 夏

  モール

  キックでのトライ

  ゴール前のサイド攻撃


キックでのトライを除いてFWですし、22mの内側からです。

まず、22mに入らせない。

 キックできちんと陣地を取る。

 反則をしない。(疑問点はキャプテンからレフリーに確認)


ゴール前にきたら

 ポイントサイドで低くなってきちんと前に出る。

 モール

  簡単に組ませない。

  組ませても低く組んで足を掻く

  前に残ったらすばやく戻る。


なお、失トライは


春は前半3、後半1

夏は前半3、後半0


立命がばてるのか、同志社がDFでアジャストするのか、

はたまたその両方なのか。

最近の同志社は後半の失点が目立ってますが。


いずれにせよ、DFでチャレンジしてもらえるとうれしいですね。