大阪体育大学戦

テーマ:

ブログをごらんいただきありがとうございます。

今日は、花園で大体大との試合でした。


いい攻撃が見られました。

関西リーグがはじまって、勝山君キレキレですね。

正海君はトライの時、ひらきながらボールをもらい相手DFをずらしていましたね。

いい動きでした。

中村君のトライもあり、バックスリーは試合が面白いでしょう。


前半のトライの時にスペースに走りこんだ西田君にパスがドンピシャに入って

気持ち良かった。パスを出すほう、もらいにいくほうがスペースに気づいて反応し

外で抜いていくいい形の攻めでした。

前半の攻めを見ているとレベルが上がったなぁと思います。


日野君は正海君とは逆に寄っていきながら、相手DFをずらしていましたね。

いいコースを走ります。


DFも結構良かったと思います。

特にタイダイに追いつかれそうになってからのDFはかなり気合十分で良かった。


前の試合で見られた、放してしまうタックルはほとんど見られなかった。

モールのDFも、良かった。


ちなみに第二試合の近畿大学対摂南大学ではモールをずらして進まれた時にDFのプレーヤーが

前に残っていました。最近の同志社がすぐに戻って逆側(相手がずらしていった方)に入るのに

慣れていたので違和感がありました。


話題はDFに戻って一つ目の取られたトライはオープンに同志社DFが立ちすぎて

ブラインドの人数が足りなくなってとられたものに見えました。


今日は、ゲインされた時には、運動量が落ちており、少し並ぶときにうまくいっていませんでした。

トイメンを見てきちんと並んだときにはほとんどゲインさせていません。


また、ポイント近くで前に出れている時もほとんどゲインさせていません。


前回は少し項目を多くしたので、次回はシンプルに

 ①相手をみて広がる

 ②しっかり前に出る

 ③きちんとつかむ

で試合にのぞんでもらえたらと思います。


同志社はワイドにパスをまわすことにチャレンジしているような感じを受けました。

今日はいままでと違って後半逆目にまわしたのを見ました。


タイダイは摂南戦も後半立ち上がりが良かった。

ミルステッドコーチの指示では?と推測しています。


同志社の攻撃が後半、結構止められていました。

これまた推測ですが、前半外側で取られたのでそこに早く広がるようにした。

内側できちんとからむようにした。


後半同志社の横への動きが止められていたように思います。

そうなると「縦」となりすが、同志社の縦の動きはラックかピックアンドゴーなので、

なかなか相手をDFラインを割っていけません。

 ①立ってつなぐ

 ②タックルされる寸前につなぐ


①や②でボールキャリアーのすぐ横にいる(走りこむ)選手につなぎ、

その選手がDFラインを割っていく、そういうプレーが効果的では?


また、後半のタイダイは横一線にDFにいくのでラインの裏が手薄になっていたと思うのですが、

そこがあいていたかは試合中にチェックできていませんでした。


一発勝負のトーナメントなら、停滞した時間帯にキックを使って、相手のDFの出足を

牽制することも必要になるのでは。


その場合のキックはチップキックかライン同士がすれ違いざまのゴロパントかでしょう。

ライン同士すれ違いざまのゴロパントは面白いと思います。

ちなみに今日は対角線のキックがありました。よく相手の陣形を見た、いいものでしたが、

チェイスとその後のキックにそなえる陣形をしくのが遅かったのがやや残念でした。

次の試合以降もいいプレーを見せてください。気づいた時は、書かせてもらいます。

まだまだ良くなります。追いつかれかけた時の気合は非常に良かった。また、応援させてもらいます。