ジュニア近大戦

テーマ:

良かった所

 トライ数0-4になってもあきらめず、負けはしたが最終1本差まで追い上げたこと

 全体に力強くなっていたこと

 モールが低くまとまっていたこと

 西林君は倒れませんね。

 秋山君もまともにあたらず、ずらすのでゲインできるし、球も出る。

 BKのDFのコース取り


次戦以降に改善

 DFでのFWの広がりの早さ

 攻撃でダブルタックルをされボールコントロールを失うこと


ダブルタックルされたことについて

 攻撃が読みやすく、突破役が一人しかいないのがわかるので、

 近大は狙いすまして2人がかりでタックルに来ました。

 

 近大は二人でボールにからんでいる間に次の展開へ備えるため、

 同志社が継続してもDFがそろっています。、

 また、ボール出しに人数がかかると攻撃に備えるプレイヤーが少なく、

 攻撃が読まれやすくなり再びダブルタックルされ のくりかえし。


 春はAチームもよく同じような状況になっていましたが、

 9月に萩本さんがコーチされ、攻撃にオプションが増え、あまり見られなくなっていました。

 

 当時Cチーム以下は別メニューをしていたと思いますので、今日のFWメンバーの中には、

 DFに的を絞らせない攻撃が浸透していなかったのかもしれません。

 何か力づくでしんどそうな攻撃でした。


 的を絞らせない攻撃ができると全く違う展開になります。

 がんばってください。


これまでジュニアの二戦は差がひらくまで自陣からはキックを使っていたのに、

今日は立ち上がり自陣から展開して、ボールを失いトライされるという展開でした。

少し相手をみくびりすぎたかなぁという感じはしました。


試合後、選手たちが挨拶に来てくれるのですが、負けたために申し訳なさそうに

している選手がいて気になりました。

昨年のAのドコモ戦でも選手たちがそんな表情をしていたなぁと思い出したのです。


勝つほうがいいですが、この試合を糧にして、選手のみなさんがもっといいラグビーを

してくれるほうがもっといいです。

幸いジュニアは今年も決勝トーナメントがあると思いますので、そこでリベンジすればいい

と思っています。

次の試合以降必死のパッチで広がるDFをみせてくれればうれしいです。


勝たなければと思ってラグビーがしんどいだけのものにならないようにと心配になったのです。


明日は、体大戦。

FWは強くないですが、広くグラウンドを使う攻撃をしますし、DFの広がりが早いです。

的を絞らせない攻撃ですね。


同志社は関西リーグレベルで要求されるものは、ほとんど練習されています。

どういう場面でどういうところをポイントにおいてプレーするか?

それを意識できていない場合にうまくいっていません。


うまくいかない場面ほとんど同じ悪い癖が出ます。

比較的残ってしまっている悪い癖がタックルして放してしまうことです。

足一本でもつかんで放さないのができるか、きちんと前に出られるかを明日は見たいと思います。


チーム全員で下の項目をチェックして、声を出してDFしてほしいと思います。


 できるだけ立っておく

 倒れてしまったらすぐ立つ

 すばやく広がる(抜かれかけたら全力で戻る)

 低く構える

 するどく前に出る

 抜かれかけてもあきらめず、相手の足首だけでもつかむ

 当たれば足を掻いて前に出ようとする

 ボールが動いたら対応して前後左右に動く