同志社の戦いぶりは安定していました。

得点も伸び、失点も途中まで相手をノートライに抑えるもの。

しかし、何かが違う感じがしました。


どんな感じかと考え、習字の練習を思い出しました。

お手本の上をなぞってやる感じです。

なにか遠慮がちにというかチーム全体としての動きがぎこちない感じがしていました。

試合中も選手の間から「硬い!」という言葉が聞こえてきたので、

選手たちも感じていたのでしょう。


初戦の緊張で硬くても、これまでの練習の成果で、最近の開幕では一番良かったと思います。

でも今年の同志社はこんなもんじゃないです。


次戦は硬さもとれいきいきした同志社を見せてくれると思っています。


関学は、FWが強くないので縦にゲインされるとFWのDFが集まる傾向を見て取れました。

昨年の同志社対関学では、同志社のFWが縦にゲインした時、ポイントに何人も集まり

ラインDFがほとんどないシーンが見られました。

当時はそれを見たので、大学選手権2回戦、FWの強い明治戦では、

関学が勝つことはまずないなと思ったのを思い出しました。


昨年の関学はFWが結構強くてそれです。

今年も関学の対戦相手は、きっちり相手FWを集めて、

ギャップをつくり、そこを狙うのだと思います。


今年の開幕戦の対戦相手の立命もゴール前でFW戦を挑みましたが、

ミスが多くとりきれませんでした。

ミスをせず取り切れるかが焦点になりそうです。


天理はやっぱり強いですね。

天理FWは強くなく、セットも弱いです。しかし、よく動きます。

動きの少ないブツ切れの試合運びをして一回一回きっちり止める。

ゴール前に迫ってFW戦を挑み消耗させる。


同志社が天理と対戦する時に普通にやると

天理に分があるかもしれないので、

対天理用の戦い方が出来るか?

そこがポイントだと思います。


いずれにせよ、昨年の秋口は夏合宿で大敗して、景気付けに

京大戦にAチームを出したり、関西リーグで何敗するか?

と噂されていた状況でしたので、全然良い状況であると思います。