季節外れのさくらは

咲き続けます。

 

 

開けられそうで

開けられなかった

重い重い

アジアの扉。

 

長い間

閉ざされてきたその扉、

こじ開けたのは

彼だったよね。

 

それ以来

道なき道を

切り開いてきたのも

彼だと思ってる。

 

道の完成の一歩手前、

ぬかるみに足をとられたのは

さぞ

無念だったろう。

 

後輩が完成させてくれたけれど

できれば

自ら完成させたかったに違いない。

 

 

 

 

 

もう

このまま戻らないつもりで

旅に出たのは

桜が散ったころ。

 

それでも

戻ってきたのは、

花を咲かせるために

必死にもがく人たちに出会って

気づいたから。

 

 

自分には

咲かせられる花がある。

 

 

彼の咲かせる花を見たい、

そう思う人が

どれほどいたことか。

 

彼がその気なら!と、

肥えた畑に

誘ってくれる人は

たくさんいたよね。

 

畑違いと思いつつも

種をまき、咲いた花は

どれもこれも大輪で

それはそれはきれいだった。

 

眺めているこちら側は

大満足だったよ。

 

でも

本当に咲かせたい花は

この花?

 

と、自問自答していた彼が

自分の作った道を

振り返る機会を与えられたことは

必然だったのかもしれない。

 

その道端に咲く

小さな花たちが

キラキラと輝いて

教えてくれたんだよね。

 

自分の咲かせたい

自分の花は

誰かが肥やした

誰かの畑では

花開くことはないのだと。

 

自分の足跡に咲いた花に

気づかされるなんて

そんなところも彼らしい…。

 

(*´ェ`*)

 

 

開いた重い扉の先、

完成した道の到達点に

今年、

大輪の花がまた咲いた。

 

それを

ちょっと悔しがりながらも

涙を流して喜んだ彼に

4年前のような

影を見ることがなかったのも

今なら理解できる。

 

 

大輪ではなくても

自分にしか咲かせられない花がある。

 

 

すでに

心の準備は

できていたなんてさ。

 

知らなかったよね~。

(^_^;)

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桜ちったね。 新しいスタート。 頑張りましょう!

DaisukeTakahashiさん(@d1sk_t)がシェアした投稿 -

 

 

 

節目には

いつもさくら。

 

この夏、

新横浜に咲いた

季節外れのさくらは満開。

 

ちょっと濃いピンクの

花を咲かせたのは

紛れもなく彼。

 

自分のためだと

わがままだと

彼は言うけれど

あれからずっと

わたしの心には

さくらが咲いてるよ。

 

 

そして

クリスマスの頃。

 

日本のどこかの

誰かの心に

きっと

小さな花が咲くのだと思う。

 

それは

どんな花なのか。

 

それが

彼の咲かせたい花なのか。

 

まだ

誰にもわからない。

 

冬になってからのお楽しみ…。

 

(*^_^*)

 

今は

満開の桜を楽しみながら

これから咲かせる花の

花びらの一枚になれたらと

願ってる。

 

 

そして。

 

もっともっと先に

咲かせる花も

勝手に

楽しみにしてるからね。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花道。

DaisukeTakahashiさん(@d1sk_t)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

というわけで!

 

The Real Athlete 第2章、

発売はいつですか~??

 

о(ж>▽<)y ☆

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

 

 


フィギュアスケートランキング