December 29, 2007 10:42:11

いろんな想い

テーマ:妊娠9ヶ月*

* 33w2d *


年明けに里帰りしますが 実家はPCあるのにネット環境がありません

もしかしたら 更新もアト1回くらいしかできないかな‥

携帯からは更新もチェックもしたコトないので 時間があれば携帯からできる様に

お勉強したいと思ってますが できるかな?



改めて 9ヶ月まで来られたコトに 感慨深い今日この頃

出産まで アト一月半ほど

正期産までは アト一月切ってます (お友達に言われて気がついた!)


ここまで 幸いなコトに 出血や痛みなど トラブルこそ見舞われませんでしたが

実は 初期のコロからずっと 小さな不安を抱えてきました

それは今でもなかなか消えませんが ただただ この命を信じる気持ちでいっぱい☆

念願の赤ちゃん♪

授かれたコトに感謝しなければいけないのに 不安いっぱい‥ なんて弱音吐くのは

しちゃいけない! したくない! って気持ちで 今まで押し込めて来ました

でも心配症なわたしも 赤ちゃんに会える日を楽しみにしているわたしも

両方ホントの気持ち‥☆

記事にすると残ってしまいますが 綴っておこうと思います

どうか無事に元気な赤ちゃんを産めますように☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

そんなお話を‥ (長文です)



つわり真っ只中の頃のコトです

10w0d での健診時 先生からサラリと言われた言葉がありました

『頭の後ろが二重に見えるけど‥ごにょごにょ‥』

ごにょごにょ部分は → 見えるけど問題ないです という感じに聞こえた

実際何て言われたのか? それが重要だったと 後に後悔するのですが‥


この時期は手足が出来て三頭身♪

元気に動いている様を見て 先生も 『かわいいね♪』 と言ってくれて和やかムード☆

つわりもどこかに飛んでいったのを覚えています

先生もサラリと仰ったし わたしもつわりでヘロヘロ

そのアトの説明の時も 特に何も仰らなかったし わたしも軽く聞き流していたので

そのまま気にせず帰宅


本来は2week後に受診して転院 の予定だったけれど つわり悪化で

1week後 夫さんに付き添われて予定外の受診

その時のエコーでは 特に何も言われなかったです

本来ならそれで受診終了でしたが 重症ではないが妊娠悪阻の診断名が付き

転院までの間 近隣産科で点滴を打つ場合もあるコトを想定し

土地勘がない為 わたしの住む市内の病院を紹介してもらおうと

コチラから質問をした

基本的に先生から病院を紹介 というのはしないとのコト

が 少し間を置いて 思い出したかの様に ある病院の先生の話をはじめた

過去に 検査もろくにしていないのにダウン症の兆候が見られた赤ちゃんのご夫婦に

血液検査の結果のみで堕胎させたらしい‥‥‥


兆候として

頭の後ろが二重に見える? や 鼻骨が異常に低い? や 耳の位置が低い?

などがあり それが見えたからと言って ほとんどが心配する必要はない

判断する為には血液検査もあるが キチンと調べるには羊水検査を

しなければいけないのに それをしないで堕胎を進めて問題になった先生がいて‥

うんぬんかんぬん

(総合病院の先生であるが そこに行くならそういう先生もいるから理解して選択してね

 と言う感じ)


羊水検査の存在は なんとなく聞いたコトがある程度の知識しかなかったわたし‥

それより 聞き捨てならなかったのが 『頭の後ろが二重に見える』 と言う言葉でした

夫さんとは単身赴任で離れていたし わたし自身が軽く聞き流していたので

先週のエコーでそう言われたコトは話していなかった


先生の話を 夫さんは真剣に聞いていたけど わたしの頭の中はまっ白!!

もしかして お腹の赤ちゃんに兆候が見られたってコト??

だから その先生の話をしているの??

診察室を出てから 頭の中グルグルしてくる。。

気になるなら 一言先生に聞けばよかったのに つわりのせいか ちゃんと考えるコトが

できなくなっていたわたし‥

でも 病院の紹介話をしなければ この話を聞くコトもなかったんですよね?

結局 点滴を打つ時間があったのに 何も聞かずに帰宅してしまいました


それから つわりが少しラクになった時を見計らって 自分なりに調べてみた

頭の後ろが二重‥ ではなかなか見つからなかったけど それが恐らく

【頚部浮腫(NT)】 というモノではないか とわかってきた

妊娠初期に見られる後頭部~首後ろ~背中の浮腫で 厚みや時期によっては

先天性異常の兆候になるらしい

判断するにはやはり 血液検査や羊水検査をしなくてはいけないようだが

100%の結果は出ないが 確率によっては悲しい結果を選択される方も多いそう

高齢出産になる場合や兆候が見られる人には 検査を進められるようだが

中には 人権に関わるコトなので こういった兆候は敢えて見つけない先生もいるそう 


引越し後の転院は2weekで結構 と言われていたけれど 急に心配になってきました

先生からは検査の話も一言もないし 厚みなどの特別な話もなかった‥

でも つわりと共に不安は増すばかり‥

散々悩んだあげく 引越しまで待たず 転院しようと決めました!

引越し日が迫っていたり つわりが残っていたり お盆を挟んでいたり で

なかなか思うようには転院できなくて 結局 12w6dで受診しました


前もって転院先の先生には メールでお話しました

紹介状が必要なコト できればその話を具体的に聞いてきて欲しいコト を言われるが

すでに紹介状をもらってたので 電話で確認しました

(頭の後ろが二重に見える話について)特別なコトは何も記載していない

転院先の先生には特に話さなくても良い 問題ないですよ

そう事務の人を通じて先生から聞かされて ホッとしたけど 一体なんだったの??

という疑問は消えない‥

転院先の先生にはそのまま伝えました


そして転院後の初受診日

思っていたとおり 頭の後ろが二重に見える は 頚部浮腫のコトだそう

『一度診てみるけど 結果によっては 難しい内容ですが 特別にお話が必要

 というコトもあります‥』 そう言われ エコーをしました

結果は‥

『診る限り 特別お話しなければいけない様なコトはありませんよ

 初期にはよくあるコトです 心配いりません』 とのコト

消えていたのか? 元々違うモノだったのか? 一体何だったのか?

半信半疑ではあったけど 胸につかえていたモノが少し取れました。。


こんなコトを書くと ダウン症の子供さんがいらっしゃる方に失礼な話ですよね‥

それに 今回直面していなければ 真剣に向き合うコトもなかったカモしれない‥

所詮 他人事だったカモしれない‥

おかしな話ですよね‥‥

でも 正直 問題なく元気な赤ちゃんを産みたい! という気持ちは今でもあって

心配も不安も消えてはいません。。

調べていく中で 厚みが重要で見えた時期が重要 とも書いてあったり

程度が軽くても重くても 一度見えたコトが重要 とも書いてあったり

浮腫がホントにあったとしたら 厚みは結局聞けてない‥

時期はちょっと早かったようなので 判断するのに重要な時期には認められなかった

ようですが 結局 どれくらい心配が必要なモノだったのか 未だにわからずじまい。。

ただただ信じているよー! なんです


その後 健診時の成長過程でも心配は尽きません

標準曲線内の問題ない範囲ではあるけれど いつもやや小さめであったり‥

大腿骨(FL)が数日~1wちょっと短めなコトが多いコト‥ (兆候の一つらしい?)

ある時期は 胴回りが2wも小さかったり‥

心臓も脳も各臓器も 分割や成長に問題はない と言われてます

ようやく前々回から 大腿骨は標準だけどやや大きめ の結果が出てきてます

両親に似て 足長さんでも鼻高さんでもないのは確定かな‥ (^_^;)

まぁ何より 毎日 元気よく胎動を感じているので きっと大丈夫!!

そう思えてならないんですけどね☆ (*^-^*)


先天性異常はダウン症だけではないです

もしかしたら 悲しすぎますが 無事に出産までいけないカモしれない

出産できても 何か大きな病気を抱えているカモしれない

そういうコトを知ると ここまで頑張って成長してくれてる赤ちゃんに

今 感謝の気持ちでいっぱい!!


あの頃 検査が必要と言われても 恐らくできなかったかもしれません

つわりでダウンしていたので まともに考えられなかったのもありますが

自分から『さよなら』できそうにはないです。。

すでに手足が出来て動いてた‥ 愛おしい姿を見てしまったからでしょうね

ただ 検査に関しては取り巻く環境が違うので 選択するしない には

正解も不正解もないと思っています


信じる気持ち! であまり気にならなくなった時期もありますが

出産が近づいてくるにつれ 最近また 無事に元気に生んであげられるかな‥

の様な不安が出てきました。。

まだまだ弱いです (´・ω・`)

でも 行き着く先は 望んで待ち詫びた命の誕生!!

赤ちゃんは選んで舞い降りてくるそうです

わたし達夫婦は どんな赤ちゃんが選んでくれたのかなぁ~?? :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

不安ばかりじゃなく 楽しみな気持ちもいっぱい♪♪♪

出産まで残り少なくなってきましたが できるだけ穏やかに 楽しく 幸せな気持ちで

その時を待ちたいと思います☆☆☆



よければ いろんなご意見やお話 聞かせて欲しいです

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

*わいわーい*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■無題

携帯から拝見したので、コメントできなかったんですが久々にゆっくりとネットしてるので、遅ればせながらコメントさせてくださいね。
わたしは、まだ○高にはもう少し間がありますが、やっぱり不安でクアトロマーカーだけでも受けてみようかな・・・って悩んだ時期がありました。ダンナさんとも話してて、先生に相談してみる?という段階までいったんですけど、結局受ける事も相談をすることもなく過ぎました。ちょうどその検査の頃って、胎動とかも若干感じ始める頃で、仮に可能性があるって言われても、それが決定打になるというわけでもなく、それなのに少しの可能性だけで「産まない」という選択ができるのか・・・小さく感じる胎動に生命の強さを感じるのに!!単に自分が育てられるのか自信がなかったんですよね。。。今でも、自信があるかっていわれたらそれはわかりません。でも、障害があってもなくてもそれは一緒なんですよね。。先に出産を終えた年上の友達にこの話をした時に、「障害も病気も一緒やもんねー、やで心配しだしたらキリがないよ」って言われて、どこかで私は自分に『障害』っていうものに少なからず偏見を持ってたのかもしれないなーって思いました。。ホントいろいろ考えだしたらキリがないんですよね。。このお腹の中でがんばってる命を信じて!!出産に向けてお互いにがんばりましょうね♪なんかうまくかけませんでしたが・・・ごめんなさい。

10 ■ユリヲサマ*

なんか、こんなわたしも「母」なんだなぁ‥と思わせてもらったタイトルでした^^*
いつか書こうと思いつつ、いろんなコト考えてるとなかなか書けなくて‥でもこんなコトがあったんです^^;心配症なわたしが余計に心配するコトになって、あんまりイイ環境でマタニティライフ遅れなかった時期があって、赤ちゃんには申し訳ない^^;
大きい小さいで一喜一憂している人もいれば、あまり気にしてない人もいて、わたしの場合も全然心配する範囲ではないコトは理解できてるんだけど、どこかいつも不安抱えてたの^^;あっ今もかな?でも前々回から大きくなってきて気持ち的には少しラクになれたけど、今度は成長しすぎないでー><なんて勝手なコト考えたり^^;勝手なもんだー^^;
ユリヲさんのお友達の話、聞かせてくれてありがとぉ!ユリヲさん達のようなお仲間にも恵まれて、きっとステキな人生送られているんだろうなぁ。わたしはなかなか現実的に考えれてないけれど、結局行きつく先はカワイイ赤ちゃんとの対面が待ち遠しい!そして育てていきたいんですよね☆この気持ちを忘れず出産に臨もうと思います!
温かいコメント、ありがとぉー!お互いに無事に出産できますように☆☆☆一緒に頑張ろうねー!

9 ■baby-jasmineサマ*

この2年程の間、一緒に励ましあえて、一緒に頑張れて、ホントに心強かったです☆ありがとぉ!感謝しています☆
近く、自然に赤ちゃんが舞い降りてきてくれるだろうって頑張ってた時期からお互いの心情を聞いたり話したりしてきたので、今のこの時間、ホントに感慨深いよね^^*
ここまでのいろんなコト、もう一度思いなおして、忘れずに出産に臨みます☆
jasmineさんもお友達から検査の相談を受けたりしていたんですね。わたしの場合は兆候が見られたかもしれないので、不安は一層大きいかもしれないけれど、皆少なからず不安に思ったりしているんですよね^^*聞けて心が少し温かくなりました^^*
行き着く先は、やっぱりカワイイわが子との対面は楽しみだってトコロです☆今は大丈夫!って信じながら、残りのマタニティライフ楽しみたいと思います♪ありがとぉ♪
また報告しますね☆jasmineさんの出産話が聞ける頃には育児してるかなぁ♪jasmineさんの報告も楽しみにしています☆

8 ■のん☆彡サマ*

きっと多くの人が、少なからず不安な気持ちは持っているのだと思うのですが、わたしの場合、兆候が見られた可能性があるので余計に不安尽きなくて弱音です‥^^;
わたしも出産直前に35歳。○高の域に入ります。どちらにしても不安は頭を過ぎっていたのだと思います。
のんさんのお友達の話、とても温かい気持ちになりました。きっときっと、どんな子でもわが子はカワイイですものね♪とてもステキなご両親の元に生まれてきた赤ちゃん、幸せモノですね^^*
私たち夫婦を選んでくれた赤ちゃん、やっぱり楽しみです☆選んでくれた赤ちゃんに感謝しようって思いました^^*
北の大地からの応援、とても嬉しいです♪しかと受取って出産に臨みます!ありがとぉございます(‐^▽^‐)

7 ■ティモサマ*

わたしも出産直前に35歳‥○高の域に入るよー^^;ティモさんはちゃんと検査のコトとか頭に入れてたんだね!わたしは赤ちゃん待ちしてたくせに何にも考えてなかったよ^^;検査のコトも聞いたことある程度。。知識なさすぎでした。
でも、わたしも結果次第での判断はできそうにないよ‥。もちろん正解も不正解もないと思ってるけどね、わたしにはムリそう><
ティモさんの言葉、パワーもらったなぁ♪考えてもしょーがない!わたしもここまで来ちゃったし、来られたんだし♪この子は私の子☆☆☆
うん♪ありがとぉ♪一緒にがんはるー!!

6 ■kaokenサマ*

ご無沙汰してしまっててスミマセン><なのにコメントくださって、とても温かい気持ちになれました☆ありがとぉございます^^*!
カワイイ姫ちゃま♪kaokenさん、とっても育児楽しそう♪わたしも今から楽しみですー^^*
kaokenさんは医師から話が出たんですね。直面すると少なからず悩みますよね‥。わたしも出産直前に35歳になるので○高になるんです^^;ひょっとしたら兆候が見られたカモしれないのに検査の話は両先生から出なかったので、結局受けませんでした‥。受けるべきか受けないべきか、正解はないですよね!ただ、わたしも結果次第での判断ができなかったので、受けない方を選びました。ただ、どこか心配な気持ちが続いてるので、精神的に良かったのかな?と疑問になる時もあったり‥^^;
お姉さまの言葉、わたしも聞いたことがあります☆わたし達夫婦はどんな赤ちゃんに選ばれたのか^^不安ばかりじゃなく楽しみな気持ちの方が大きいので、この気持ち忘れずに出産に臨みたいと思います!
一月半後は自分の事は二の次な日々が待っているのですね♪信じられないけどやっぱり楽しみ♪♪残り少ないマタニティライフ楽しみます☆ありがとぉございます(‐^▽^‐)

5 ■母の想い

重いつわりに加え、そんなことがあったんですね。
最近はbabyちゃんが大きく育っているから少しは安心されたかな?だといいなーと思ってます。
私の病院では一切検査のことには触れられませんでしたが、
はとこから羊水検査や血液検査のことを聞いていたので知ってはいました。
初期・中期の頃におもむろに「もし・・」と仮定して考えたこともあります。
そのときに思い当たったのが夫と共通の友人のこと。
彼は一見して判る難病を持って生まれて来ています。
その友人や彼と接する夫や仲間たち、そして彼と友だちになってからの自分。
この環境の中であれば困難にぶつかりながらも育ててあげられるかもしれないと思いました。
だからといって大きな覚悟は出来た訳ではありませんし、
本当にそういう状況の方からみたら短絡的な答えかもしれません。
でもいま私に出来るのはこれくらいかな・・
お互い無事に出産できますよう。一緒に頑張りましょう。

4 ■いろんな想い

いよいよ里帰りされるんですね。
本当にいろんな想いが巡ってると思います。
わいわーいさんとは私がブログをやめた時期も含め、
2年程のお付き合いがありますね。
赤ちゃんが欲しくても出来なくて涙した時期もあったし、
ステップアップして授かるまでにはいろんな事がありましたよね。
赤ちゃんの初めてのエコー写真や胎動の感動、
どうか忘れずに出産に臨まれてくださいね。
私も友人から羊水検査の相談をされました。
不安はあるけれども、しないことにしました。
みんな、きっと同じ気持ちなんでしょうね。
でもかわいい我が子ですもんね!
大丈夫、って信じながら、残りのマタニティ生活楽しんで、元気な赤ちゃん産んでください!
また報告待ってますね♪

3 ■不安。。。

無事出産するまでは、尽きないですよね。
私も40歳超えたので、同じ事で悩む時期が来るかもしれません。
私の友達は6万に一人の難病を持って生まれてきました。でも、私の友達はそれを受け止め、少しずつ変化していく我が子を見て、産んで良かったって、言ってます。
私達を選んで来てくれた赤ちゃんです。
一緒に頑張ってくださいね。
母子共に元気でありますように☆彡
北の大地からお祈りしています。

2 ■無題

私も35歳初産なので羊水検査は頭にあったけど
結局受けなかった。流産の危険性があると
いうことと結果先天性異常があった場合の
選択が私には出来そうもなかったし、不安を
抱えたまま出産時期まで過ごすのも嫌だった。
もちろん元気な子を産めるの?って不安だけど
考えてもしょーがない!!この子は私の子☆
一緒にがんばろー。

1 ■いろんな想い・・・

わいわーいさんこんにちわ。
もうすぐべびちゃんとの対面ですね。待ち遠しいですねー。
羊水検査のことですが、私は高齢だったこともあって妊婦検診をしてもらっていた医師に説明を受けました。でも医師もあまり積極的に薦めてないと言っていたし、確率がわかったからといってせっかく、そしてようやく授かった命をなくしてしまうこともできないとの判断で羊水検査を受けませんでした。やはり、わいわーいさんと同様、健康な体で産んであげたいと思い、正直でてきてくれるまで不安もありました。
でも、そのとき姉に言われた言葉があります。
”赤ちゃんは親を選んでくるんだよ。この人たちには超えられない障害だと思ったら、そこにはその子は産まれてはこない。だから、どうなっても(障害があってもなくても)大丈夫。”
産まれるまで心配でいっぱいだと思います。
でも、来年からは自分のことは二の次な忙しい毎日が待ってますよ。残り少ないマタニティライフを楽しんでくださいねo(^▽^)o

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。