【カード解説】ペンタクルの7(金貨の7) | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:

pentacle7


今日はペンタクル(金貨)の7をご紹介します。


ペンタクルは四元素では地にあたり、物質、成果、お金、時間、約束などを表します。数字の7は勝利やある完成された状態を意味しています。


一人の若者が農具に寄りかかりながら、青々とした茂みに成ったペンタクルを見つめています。彼の関心はこのペンタクルにすべて注がれているかのように見えます。


ペンタクルはきちんと実っているのに人物の表情が不安げなことからわかるように、これまでやってきたことの価値を見定めようとしている状態です。


実際のリーディングでも、何かしら形になっているものはあるのですが、それに対して「これでよかったのか」と確認してしまうような状況を表していることが多いです。


恋愛を占って自分や相手の気持ちとして現れた場合も同じです。ペンタクルの7は正位置でも逆位置でも本人の気持ちとして出ることが多いのですが(私の場合)、「大丈夫かな…」と心配しているような感じになります。


pentacle7r


逆位置になると、さらに心配するようになります。


必要以上に何度も何度も確認してしまうような状況です。心配事は多いかもしれませんが、何かを失うとか成果が出ないといったことではありません。


恋愛の場合も同様で、一心にペンタクルを見つめる人物のように、心配で頭がいっぱいになっているような時に現れることが多い気がします。



お読みいただきありがとうございましたクローバー

「今どこにいるか」―現在地が分かれば行きたい場所に辿り着くための地図を描くことができます。

タロットはご相談者様が置かれている状況をありのままに描き出し、「今何がどうなっているのか」を教えてくれます。「今」が分かれば「どうすればいいか」「どうしたらそこへ行けるか」も見えてきます。
タロットと一緒に、ご相談者様のより良い未来をたぐり寄せるお手伝いをさせていただけたらと思っています。どんなことでもお気軽にお話しくださいね。

★鑑定メニューはこちら から
★お問い合わせはこちら から

なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス