【カード解説】ワンドの9(棒の9) | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:

wand9


今日はワンド(棒)の9をご紹介します。


ワンドは四元素の火にあたり、熱意や精神などを表します。数字の9は、完成(10)の一歩手前の段階です。


ワンドの10 では「やるぞ!」という熱意が高まり、最終的にはプレッシャーとなってしまいました。ワンドの9はその前段階なので、まだ重苦しい感じではありません。


ワンドに寄りかかっている人物は、何かを待ち構えているような表情をしています。背後には8本のワンドが柵のように整然と立っています。


ウェイトは、この人物が敵を待ち受けているようだと述べています。また、ひとたび敵に攻撃されたら果敢に反撃するだろうとも書いています。つまり、臨戦態勢にあるということです。


実際のリーディングでも、準備が整っている状態を表していることが多いです。心構えが出来ていて、いつでもチャンスに向かって飛び出せるような状態です。


恋愛を占って自分や相手の気持ちとして現れた場合も、相手に対して準備ができているという意味になることが多いです。前向きな気持ちだと思います。


wand9r


逆位置になると、準備は出来ていても飛び出せなかったり、警戒心を持って身構えているような感じになります。


気負い過ぎ、ということもあります。


とはいえ、例えば人の気持ちとして出たとしても拒絶しているわけではありません。


こういうカードの場合、「それで、恋愛感情はあるの?」という話になりがちですが、この一枚だけで判断するのではなく、周囲のカードと一緒に読んでいただけたらと思います。



お読みいただきありがとうございましたクローバー


「今どこにいるか」―現在地が分かれば行きたい場所に辿り着くための地図を描くことができます。

タロットはご相談者様が置かれている状況をありのままに描き出し、「今何がどうなっているのか」を教えてくれます。「今」が分かれば「どうすればいいか」「どうしたらそこへ行けるか」も見えてきます。
タロットと一緒に、ご相談者様のより良い未来をたぐり寄せるお手伝いをさせていただけたらと思っています。どんなことでもお気軽にお話しくださいね。

★鑑定メニューはこちら から
★お問い合わせはこちら から

なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス