【カード解説】ペンタクルの4(金貨の4) | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:

pentacle4

今日はペンタクル(金貨)の4をご紹介します。


ペンタクルは物質、成果、お金、時間、約束などを、数字の4は安定性や堅固さなどを表します。


王冠をかぶった人物が椅子に座っています。彼は4つのペンタクルをしっかりと持っていますが、一つは王冠の上に、一つは胸の前に、残りの二つは足の下にあります。後ろに見える街並みは彼がこれまで築いてきたものを暗示しているように見えます。


この人物がペンタクルで頭、喉、胸にあるチャクラを塞いでおり、さらに足の裏にもペンタクルがあるせいで大地との繋がりも遮ってしまっているという解釈もあります。


実際のリーディングでは、絵の通りになりますが、何かを保持している状況を表します。新しく手に入れるぞ!という感じではなく、持っているものをそのまま維持するという感じです。そのため、物事の動きを見た場合には、あまり変化のない状況になります。


恋愛を占って自分や相手の気持ちの場所に現れた場合も、保持していようという気持ちになります(人は物ではありませんが…)。手放す気はないものの積極性には少し欠けるかもしれません。


pentacle4r

逆位置になると、周囲のカードによりますが、持っているものを手放すかさらに固執するかのどちらかになることが多いです。


物事の流れを見た場合には、ペンタクルが象徴するものを維持できない/できていない状況を表したりします。


恋愛の場合は、例えば「キープしなくてもいいや」と思っている時に現れたりします。



お読みいただきありがとうございましたクローバー


「今どこにいるか」―現在地が分かれば行きたい場所に辿り着くための地図を描くことができます。

タロットはご相談者様が置かれている状況をありのままに描き出し、「今何がどうなっているのか」を教えてくれます。「今」が分かれば「どうすればいいか」「どうしたらそこへ行けるか」も見えてきます。
タロットと一緒に、ご相談者様のより良い未来をたぐり寄せるお手伝いをさせていただけたらと思っています。どんなことでもお気軽にお話しくださいね。

★鑑定メニューはこちら から
★お問い合わせはこちら から

ブログトップへ

なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス