【カード解説】カップの3(聖杯の3) | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:

cup3

今日はカップ(聖杯)の3をご紹介します。


カップは思いや気持ちを象徴し、数字の3は各スートの持つ性質が存分に発揮された状態を表します。


カップのエース は思い・愛情・気持ちそのものを、カップの2 は二者の思いの調和が取れている状態を、そしてカップの3はそこから生まれたものを示しています。


3人の乙女が踊りながら、乾杯をするかのようにカップを高く掲げています。足元にはたくさんの果物やカボチャがあり、幸福や実り・豊かさを象徴しています。


ほとんどの本で解釈が一致していますが、カップの3は結論が出ることを意味します。結論はポジティブなもので、幸せな結果や楽しい結果などを表します。また、レイチェル・ポラックは「経験を分かち合う」ことを意味するとも言っています(3人の人物の腕が触れ合っていることから、感情のつながりが暗示されているためです)。


実際のリーディングでも、喜ばしい結論が出る/出ていることを表します。絵柄の通り、嬉しい・楽しい状態であることが多いと思います。


恋愛を占って自分や相手の気持ちとして現れた場合も同様です。喜んでいるので、気に入っているわけです。人物が3人描かれているため「友達の一人としての好意」になるという解釈も見かけますが、私はそうではないと感じています(もちろん、周囲のカード次第なのですが)。


cup3r


このカードには遠景・近景の区別がないため、逆位置になっても意味はあまり変わりません。


正位置と同じようにポジティブな結論が出ることを暗示していますが、逆位置ですので結論が出る時期は遅れます。


恋愛を占った場合でもそれほど否定的な意味にはなりません(基本的には正位置と同じような意味合いです)。三角関係という捉え方もありますが、私の場合は三角関係だとソードの3 が出るように思います。



お読みいただきありがとうございましたクローバー


「今どこにいるか」―現在地が分かれば行きたい場所に辿り着くための地図を描くことができます。

タロットはご相談者様が置かれている状況をありのままに描き出し、「今何がどうなっているのか」を教えてくれます。「今」が分かれば「どうすればいいか」「どうしたらそこに行けるか」も見えてきます。
タロットと一緒に、ご相談者様のより良い未来をたぐり寄せるお手伝いをさせていただけたらと思っています。どんなことでもお気軽にご相談くださいね。

★鑑定メニューはこちら から
★お問い合わせはこちら から

なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス