【カード解説】ワンドの7(棒の7) | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:
wand7
今日はワンド(棒)の7をご紹介します。

ワンドは精神や意欲を、7という数字は完全さや勝利を表します。そのため、ウェイトによるとワンドの7は勇気や勇敢さを意味するカードになります。

一人の男が小高い岩場に立ち、ワンドを手にして戦っている情景が描かれています。その姿は描かれていないものの、彼の下には敵が6本のワンドが突き上げていることがわかります。この戦いは1対6なのかもしれません。しかし彼は岩場の上を陣取っているため、この戦いを有利に進めていくことが暗示されています。(左右の靴が異なることから、基盤がしっかりしていないとする見方もありますが)

ワンドの7の解釈としては、勇気や勇敢さ、決然とした意志といったキーワードがよく見受けられますが、実際にリーディングしている中ではあくまで「有利な立場にいる」という意味合いが強いように思います。

例えば新しい職場のことを尋ねて出た場合は「(質問者が)うまくやっていける環境」という感じになり、恋愛で相手の気持ちに出た場合は「有利に進めていける」「自分の方が良い立ち位置にいる」と思っているような感じになります。
wand7r
逆位置になると、そのままですが、不利な立場という意味合いになってきます。劣勢に置かれているという表現の方がわかりやすいかもしれません。

恋愛を占って相手の気持ちに出たとすると、相手は「自分の方が下で釣り合っていないのではないか」と考えているかもしれません。

職場などでも同様で、なかなか自分に有利にうまく物事が進められない可能性があります。


ただし、あくまで「有利ではない」というだけですので全くだめだと悲観的になる必要はないと私は思っています。



お読みいただきありがとうございましたクローバー

★鑑定メニューはこちらから★

ブログトップへ




なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス