【カード解説】13番 死神 | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:

13

タロットの中でも最も怖がられていそうな死神についてお話しします。


鎧を身に付けた骸骨が白い馬に乗っています。手にした旗には白い薔薇が描かれ、それは生命を象徴しています。男性/女性、子供/大人、王様/司教といった様々な人物がいることから、誰にでも平等に死は訪れることがわかります。

後方には2つの塔があり、その間では永遠・不滅を表す太陽が輝いています。


見ただけでちょっと不安になるカードですが、その意味するところは死と再生の繰り返しです。


正位置・逆位置、どちらで出たとしても「死」または「再生」の一方の意味になるわけではありません。


正位置なら「再生をともなう死」逆位置なら「死んだ後の再生」といったように、それほどネガティブな意味合いでないことがわかります。※実際の死を意味することはありません


死と再生というと何か大きなテーマのようですが、今までの考え方をすっかり変えて新しい考えを取り入れた時にも死と再生は起こっています。そしてまた次の死と再生に続いていきます。こうした繰り返しをこのカードは言い表しています。


恋愛を占った場合でも同じようになります。死と再生の繰り返しを意味するため、恋愛の終わりを意味するカードではなく、続いていきます。


また、気持ちの場所に正位置で出たとしたら、相手のことを「すごくいい」と思ったり「すごくいやだ」と思ったりを繰り返しているような状況が多いです。(「すごくいやだ」は表現が悪いかもしれませんね汗)とにかく相手のことが大きく心を占めています


逆位置の場合には執着していることが多いと思います。それも普通の執着ではなく、本人もどうしていいかわからないくらいだったり、運命的なものを感じていたりすることがあります。気持ちの場所に死神が逆位置で出た場合、まわりのカードによってはただの執着と読むこともありますが、並外れた強い執着心を暗示していていることが多く、とても忘れられない/あきらめられない相手であることがわかります。


怖くないカードだということが伝わったら嬉しいです。



お読みいただきありがとうございましたクローバー

★鑑定メニューはこちらから★

ブログトップへ

なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス