【カード解説】カップの4(聖杯の4) | 渚のタロットリーディング

渚のタロットリーディング

遠隔・対面でタロットリーディングをしています。
このブログには、タロットに関することや
日々思ったことなどを書いています。


テーマ:

初めて78枚のフルデッキで占ってもらった時、どのカードもなんだか陰鬱に見えて怖かったのを覚えています(笑)。あ、ライダー版の話です。


中でも目を引いたのはカップ(聖杯)の4。逆位置で出たのですが、ネガティブな意味ではないと言われてもなんとなく・・・という感じでした。だってなんか手が出てるし!と、とにかく怖がっていました。


今なら、完全に否定している状態じゃないとわかるのですが、タロットの本を読み始めた当初はよく「不満」という言葉に当たり、「不満?てことは恋愛の場合、向こうの気持ちはないってこと??」と考えていました。


正逆どちらでも気持ちはある状態で、その上で隣の芝が青く見えているか、自分の芝の良いところを見ていこうとするか、の違いだったのですね。


思い出の1枚です。

cup4r



お読みいただきありがとうございましたクローバー

★鑑定メニューはこちらから★

ブログトップへ


なぎささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス