スペイン〜ニュージーランドへ

テーマ:
{554C9EE1-C6A2-4DA2-883A-BA839B636C55:01}

2016年が始まってまだ1カ月もたっていないのに、とっても濃い幕開けとなったスペインでのギャザリング 


{05104A4C-69A3-4D52-ACAF-6EA8002CF3F9:01}


太平洋を繋げていく、ワンハートコンバージェンスは無事に終了し、経由地のドバイでの半日ツアーも思ったより楽しく、思い出いっぱい、胸いっぱいで帰国しました(^-^)

スペイン行きは、空港に着いて何処に行けばいいのか、誰かが迎えに来てくれるのか、連絡先も宿泊先も分からない状態で現地に着きましたが、無事に出迎えに来てくださった方々と会い、オマケに当初泊まる予定だったホテルが直前で変更になったらしく、ラッキーな事に五つ星のホテルに最高に美味しい料理が全部タダという、なんとも嬉しいお招きを受けた(^o^)
{E015C71F-8146-4DC5-8362-1BF28611B763:01}

25年ぶりのバルセロナは、全てが優しく温かかった(^-^) ガウディのサクラダファミリアは、25年間着々と工事が進められ、近代的なパートが出来上がっていた
ちょうどタイミングよく、朝日が差し込んで最高のシチュエーション(^o^)
{4D34BDC2-9E77-42F6-A234-EE6CA8DE4F4F:01}

四日間のギャザリングは、タラゴナという場所に移動して、スペインや南米らしい、熱く情熱的なものとなった。火の儀式から始まったギャザリングは、2日目の朝にワイタハのテポロハウ長老と行なった水のセレモニーでバランスをとり、午後に日本人のアイルさんと、黒川さんのティセレモニーで深さを増した。

実は、スペインに行く三日前にギックリ腰になってしまい、あの手この手で施術を受けなんとかスペインまで無事についたが、現地でやはり荷物を持っての移動や、初日の火のセレモニーで軽く体を動かした為、水のセレモニーがある朝には、立つ事も座る事も出来ず、テーブルで悲鳴をあげて泣いてしまった自分がいて、私にとってはメインの水のセレモニーは半ば諦めかけていたが、セレモニーが始まりエネルギーが降りてきたら、痛みを感じず早足で歩きながら皆さんを先導し、ワークを行い最後にはライアーも弾けた。火のセレモニーの様に派手ではないけれど、流れる水の様に行われた儀式は、スペインの真反対にあるニュージーランドとのバランスを上手くとったように思えた

このギャザリングでは、アフリカのカラハリ砂漠のブッシュマンご夫婦、コロンビアのアラワコ族、ペルーのインカ族、マヤ族に確かプエブロ、そして日本からは、イルさんに黒川さんが素晴らしいセレモニーをして下さった
{B7EFBA67-480B-429C-A7B0-D00B0512F795:01}

そのスペインでの祈りのエネルギーを携えて今からニュージーランドに飛びます~

もっと沢山シェアしたかったけれど、時間切れf^_^;

また、ニュージーランドからお届けします(^o^)
{4E366EB2-5162-42B9-8403-262E424106AA:01}