ジェフ・ベック
ライヴ・ベック’06

5月23日に出た「ライブ・ベック 06」昨日買って来て聴きまくっております。


前回出たオフィシャル・ブートレグ「ライブ・ベック」はベースレスだったので低音の厚みやグルーブ感がなく、いまいち欲求不満だったのですが、今回出たオフィシャル・ブートレグ第2弾はベース・プレイヤーも居て、その辺は満たされています。


60歳を越えたベック、この歳になってくるとミュージシャンとして枯れてくるというのが世の常ですが、いやいや、ベック師匠はまだまだビンビンのギンギンで弾きまくっております。

たしかにライブだけにミスタッチやリズムからズレている所もあるのですが、そんなちっちゃいことを抜きにしてもベック師匠のギターは全身鳥肌モノのプレイが聴けます。

特に相変わらず音楽のエクスタシーのツボを突き刺すような、脳天に突き刺さるような高音のサスティンは最高ですねぇぇぇ。


06年のウドー・ミュージック・フェスティバルでのバンド・メンバーや曲目はほぼ一緒のようですね。


ユーチューブにあったのでUPしてみます。


V→Jeff Beck - Beck's Bolero


V→Jeff Beck - Scatterbrain


V→Jeff Beck - Blue Wind


V→Jeff Beck - Somewhere Over the Rainbow