8月 9日 (木)

なぜか帰り道の予感が当たるピーマン

8月9日

写真日記

 

 

立秋の頃に何を考えていたのか

すっかり忘れたわ (笑

 

ヒロシマ、ナガサキ、オナガ知事急逝

 

ぼくたちは受け継ぐことを使命としたはずだったが

それはもはや見果ての夢になっているのかもしれない

 

受け継ぐなんて大それたことを語ろうとしてはいけないのだ

 

江戸時代の参勤交代がただの歴史話になってしまっているように

ぼくたちの目の前で起こってきたことや

直に受け継いできたことは三代で亡びてしまう

 

そんなことをぼんやりと考えていたのだ

 

🌱

 

1977年8月7日に旅に出た記録がある(日記参照)

 

 

北海道へは「急行・北国」で出かけ

周遊券で国鉄を利用し

旅はヒッチハイクで続けた

 

その出来事をうちの人とか子どもに語り継ぎたいと思って

日記を整理したけど

(他にも3台のオートバイを乗り継いで30万キロのツーリングをしてきた記録も)

 

誰も読まんし

自分でさえ面倒で読み返さんのだから

 

というわけで

受け継ぐということ

をテーマにしばらく考えてみるつもりだ

 

あくまでも

つもり