検索窓に

豊かさと満足度

と入れると

いくつかHITするので貼っておく

  1. 音がしてノスタルジック遠花火
    やめました※ このブログの検索窓で 「豊かさと満足度」と入れて 検索をしてみるといくつかヒットしますそのやめてしまった理由をこれからは考察していきたいと(笑そんな...
  2. 年末雑感
    イルを拓かねばならないのですが、国民の「豊かさと満足度」からくるボケはなかなか治らん……。 ◎◎ ▼(Sさんに書いたコメントから) そうは言いながらも、最近は節目が...
  3. 30年という言葉で探ってみる ─ 小雪篇
    苦渋の時代に、豊かさについて考えている。豊かさと満足度2008年(平成20年)6月12日 (木)続・豊かさと満足度2010年(平成22年)5月15日 (土)何故こん...
  4. 温度差 のことを考え続けている
    うして毎日を暮らしている。 「豊かさと満足度」のことについてこれまでにもここで何度か書いてきたが、そのことにおいて、二人で意見を交わしたり衝突させたことは...
  5. 花は桜の
    ことでもあります。そしてそこに存在する「豊かさと満足度」にも県民性があってもいいのだろうと感じます。●●春という季節には花がつき物です。三国志では桃園で誓いを果たし...
  6. 4月上旬の語録から
    の思い切った行政力が必要なのだといえる。豊かさと満足度を捨てることから始めたい。誰も言い出さないのは、みんなが日和見だからだ。-- ◆ 4月上旬(計画停電の不安)節...
  7. 引き潮の干潟が好きで君好きで ─ 4月上旬篇
    思い切った行政力が必要なのかもしれない。豊かさと満足度を捨てることから始めたい。▼菫程な小さき人に生れたし 漱石ふっと、私はスミレでは不満だ。もっと大きく咲きたいと...
  8. 信頼というもの を考える
    記で書き綴ってきていることは、私たちは「豊かさと満足度」という、現代人の骨の髄まで溶かしてしまった麻薬より恐ろしいものがあり、それが様々な面で人々の暮らしを激変させ...
  9. 信頼というもの  その2
    にこの日記で書き綴ってきているのだが、「豊かさと満足度」という現代人の骨の髄まで溶かしてしまった麻薬より恐ろしいものを、もう一度見直さねばなならない。 この八つの文...
  10. 向田邦子 父の詫び状  (昔に書いた向田邦子)
    のことを仕事にしていますので、現代人の「豊かさと満足度」についての考察が何年も続いているのですが、「鉛筆を削る音」に関する思いや「よそ行きの服」の話題が出ていると、
  11. 廊下と老化、のあとに考える
    除けにもなる屋根を作ることも必要だ。◆「豊かさと満足度」という遠大なテーマを考え続けている。そのことを一緒に考えて下さっている皆さんには、私がいう「厚み」と「深み」...
  12. 続・豊かさと満足度
    (下書き)続・豊かさと満足度これまでに続いて、また再びこのテーマについて考える。政治が混迷をしている。このことに自由に意見を言うことはとて...
  13. 手紙 から 
    明るい未来は見えない。私は全ての源流は「豊かさと満足度」に帰着するのではないかと考えたわけです。あまり、理屈を広げて書いた作文を見せたくないので、掲載箇所は非公開と...
  14. 歴史に刻まれるもの
    れてゆくのだなあ、と思ったわけです。  豊かさと満足度という庶民にとっての指標は、いつの時代でも変わりなく、レジ袋、コンビニ、深夜のテレビ放映…などもその例外ではあ...
  15. 続・豊かさと満足度
    しい響きを残しています。私が何回か前の「豊かさと満足度」、(そのおぼえがきも含む)で言いたかったことを手短に書いています。しかし、嘆かわしいことに、社会(の多くの人...
  16. 豊かさと満足度
    人は誰もいなかった。私たちが求め続けた「豊かさと満足度」ってのは、豊かでなく(貧しく)、自由でなく(不自由に)、スピーディーでなく(スローな暮らしで)、便利でなく