赤城自然塾主催の
ボランティア講座に参加しました



ビジターセンターに集合して
小沼までは乗り合わせで行きました

環境ガイドボランティア養成講座
四季を通じて何度も参加しています
でも全然覚えられません
ガイドにはなれそうにありません(^_^;)
今回は事務局から電話が
あり参加するころにしました
人数が集まらなかったようです

少人数の方が説明が聞きやすいという
利点がありますけどね(^_^;)


小沼からの眺めも正面が
上州武尊とは知っていました
その右に見える雪山も山塊だと
思っていたら
尾瀬の至仏山でした!
もう ここで1つ勉強しました

それでは長七郎山を登ります


またスミレについても
詳しい説明がありました
上のはタチツボスミレです
大工さんの使う墨入れの
墨を入れておく部分のキョに
スミレの花びら裏の出っ張りが
似ているのだそうです
墨入れからスミレという
呼び名になったともおっしゃって
いました



こちらはサクラスミレ
花びらの先がちょっとわれていて
サクラの花びらに似ています



ミツバツチグリ



フデリンドウ

途中でウグイスが
ケキョケキョと鳴きました
ウグイスのタニワタリです
縄張りだと訴えているのだそうです
そういうことも知らなかった(^_^;)


頂上に着きました
この石ころの山はなんだ?と
不思議でした
信仰の山でもあったので
お願い事をしながら
積んだのかな〜〜とも・・・
今回 真相がわかりました
これはヨーロッパのケルンを
真似て積み上げたらしいです
その前は湿原だったとのこと
花も咲いていたことでしょう
地面があらわになっているので
土砂も流れてしまいますよね
これも1つの環境破壊だそうです
山の自然はもろいということを
伝えてくださいといわれました
私はこの場で伝えておきます(^_^;)



頂上から地蔵岳



ツツジを見ることも目的の
1つでしたが咲いていませんでした



下ってお昼になりました


ツナマヨの細巻き♪
それからサラダ
息子にもお昼においてきました

午後は机上の講義
起きていられませんでした(;´д`)




終わってから鳥居峠に寄ってみました
覚満淵を見下ろします
反対側は〜〜


霞んでいました

道路も駐車場もいつになく
混んでいました

自然を大切にしながら
赤城山を楽しんでもらいたいです♪
素晴らしい山ですから

もう少ししたらツツジが見頃に
なりますよ♪