亀田縞は最盛期の大正時代には
660軒もの織物業者さんがあったのだそうです。

しかしながら、今では2軒のみとなってしまいました。

それも70年ほど前に一度途絶え、
平成17年(2005年)に復活し現在に至ります。

和genオープンは平成17年12月10日。
そうです和genオープンの年に亀田縞は復活を遂げたのです。

そんな亀田縞の復活とともに歩んできた和genですから
亀田縞を応援しない訳にはいきませんよね。

只今製作中の私の7着目の亀田縞の着物の柄はこちら・・・

女性用としても人気の柄で
赤いラインがとても印象的な縞柄です。

 

亀田縞の良さとして昨日は
①「丈夫さ、耐久性」をあげました。

今日は
②「生地の風合い」です。

昨日も申しましたワッシャー加工を最初から施した後
天日干し風の仕上げにより
非常に柔らかいソフトな仕上がりになります。

普通の生地は水通しなどをした場合
伸子張りのようにして両端を引っ張りながら干さないと
均一な巾を保てません。

「亀田縞」は天日干し風仕上げといって
自然な乾燥で綺麗な巾に仕上がるほど
生地がしっかり打ち込まれているということです。

ですので、柔らかい風合いでありながら
しっかりした丈夫な生地という
一見、相反してしまいそうな特性を兼ね備えた木綿といえるでしょう。

そんな丈夫でありながら柔らかい肌触りが
私が「亀田縞」を愛してやまない
最大の理由といっても過言ではありません。

 

と言う訳で本日も亀田縞を着用。

 

昨日の紺の縞の色違いのエンジの縞。

こちらも10年前に仕立てたものです。

・・・つづく