月に照らされた道が・・・『月読みの道(白露)・長久堂』【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフデザイナーの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。
 
一年間に亘り、二十四節気と七十二候を和菓子でご紹介させていただきます。
題して、【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】と【シリーズ・七十二候を彩る和菓子たち】です。
日本の移ろう季節を京都の和菓子から感じていただければ幸いです。
ご協力いただきましたのは、180年以上の伝統と技を今に伝える老舗の和菓子店『長久堂』さんです。
ご紹介させていただくお菓子につきましては、通常販売は致しておりませんので、ご購入を希望の方はお店にお問い合わせください。
 
【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】
白露/2017年9月7日~9月22日。
ようやく秋めいてくる頃です。

 

職人さん曰く、
『夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿り始める頃です。
秋の空に月が美しい頃でもあります。
涼しくなってきた夜、月に照らされた道が幻想的に美しく見える情景をお菓子にしました。
月をねりきり餡(山芋の餡)で夜の道を薄い水色の味甚羹で表現しました。』

 

『月読みの道(白露)』
長久堂
京都市北区上賀茂畔勝町97-3
(075)712-4405
(ご購入の際はお問い合わせください。)

 

 

京都の素敵な和菓子を毎日ご紹介!
まるで和菓子図鑑のよう。。。
オフィシャルHP【きょうの『和菓子の玉手箱』】はコチラ。
http://wagashi-no-tamatebako.kyoto-lovers-forum.com/

 

 

Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス