『亥の子餅・緑菴』【きょうの『和菓子の玉手箱』】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフコーディネーターの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。

本日ご紹介する素敵な和菓子はコチラです。

【きょうの『和菓子の玉手箱』】


京都のこの時期に和菓子屋さんで必ず目にするお菓子が本日のお菓子です。


きょうの『和菓子の玉手箱』

旧暦の亥の月、亥の日、亥の刻に食べると無病息災になるという中国の風習が平安時代に宮廷の禁裏にて行われたのが始まりだそうです。
鎌倉時代に入り武家社会では子孫繁栄を願い食べるようになり広がりました。


そして、忘れてならないのが旧暦の亥の月、亥の日に茶の湯の世界では炉開きを行います。
茶席菓子として「亥の子餅」を用いられます。


実は亥は陰陽五行説では水性に当たり、火災を逃れるという信仰があります。
その為に茶の湯の世界だけではなく、庶民の間でも囲炉裏や火鉢を出し始めたそうです。
みなさんも、昔から受け継がれている風習にならい亥の子餅を食べて無病息災を願ってくださいね!


「亥の子餅」
緑菴
京都市左京区浄土寺下南田町126-6
(075)751-7126


2013年12月1日開催!一周年イベント【きょうの『和菓子の玉手箱』】
みなさんで一緒に『ぱんだんご』を作りましょ!

みなさまのご参加をお待ちしております。

詳しくはコチラ の記事まで
http://ameblo.jp/wagashi-no-tamatebako/entry-11644500920.html


Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス