『ぎんなん餅・末富』【きょうの『和菓子の玉手箱』】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフコーディネーターの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。

本日ご紹介する素敵な和菓子はコチラです。

【きょうの『和菓子の玉手箱』】


茶道の千家三代目であります千 宗旦の命日(12月19日)から1ケ月繰り上げて毎年11月19日に宗旦忌が営まれます。
その宗旦忌に縁の深いお菓子がぎんなん餅です。


きょうの『和菓子の玉手箱』

京都ではこの時期になりますと多くのお店で見かけることができるようになります。
こちらのぎんなん餅は末富さんらしいとても品のある意匠となっています。
お味はもちろん大満足です。


「ぎんなん餅」
末富
京都市下京区松原通室町東入ル
(075)351-0808


2013年12月1日開催!一周年イベント【きょうの『和菓子の玉手箱』】
みなさんで一緒に『ぱんだんご』を作りましょ!

みなさまのご参加をお待ちしております。

詳しくはコチラ の記事まで
http://ameblo.jp/wagashi-no-tamatebako/entry-11644500920.html


Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス