『山土産・末富』【きょうの『和菓子の玉手箱』】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフコーディネーターの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。

本日ご紹介する素敵な和菓子はコチラです。

【きょうの『和菓子の玉手箱』】


万葉集や源氏物語に出てくる山のお土産を意味する山土産(やまづと)。

きょうの『和菓子の玉手箱』

山土産という菓銘はこちらのお店のお菓子にはとても合うような気がします。
栗の甘露煮の周りに上品な味のこしあん、そしてとてもしっとりとした薯蕷生地で包んだお菓子です。
押し付けがましくない品を感じる京都らしいお菓子ですね!


「山土産」
末富
京都市下京区松原通室町東入ル
(075)351-0808


2013年12月1日開催!一周年イベント【きょうの『和菓子の玉手箱』】
みなさんで一緒に『ぱんだんご』を作りましょ!

みなさまのご参加をお待ちしております。

詳しくはコチラの記事まで
http://ameblo.jp/wagashi-no-tamatebako/entry-11644500920.html

Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス