『ぱんだっ!!!・オリジナル和菓子』【きょうの『和菓子の玉手箱』】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフコーディネーターの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。

本日ご紹介する素敵な和菓子はコチラです。


【きょうの『和菓子の玉手箱』】


本日はお誕生日を迎えるパンダ好きの彼女にプレゼント!
その彼女とは、【きょうの『和菓子の玉手箱』】にも登場している『ぱんだんご』を作っているお店『ぱんだの散歩』のオーナーさんです。


パンダ好きが高じて『ぱんだんご』を作ってしまうほど。


そんな方にはやはりパンダの和菓子でしょ!(本家に対してなんて行動をっ!(笑))
ということで思い立ち老松さんに無理なお願いを・・・
「和菓子でパンダは作ったことはないのでクオリティは保障できませんよ!」
なんて言われましたが、突然のお願いにも関わらず可愛らしいパンダを作ってくださいました。


きょうの『和菓子の玉手箱』

さすが職人さんです。


プレゼントした瞬間とっても喜んでくださいました。

ありがとうございます。


そしてラッピングにはいつもの風呂敷を。


いつもお世話になっています室町六角にあります風呂敷専門店『唐草屋』さんへ!


お店に入るなりスタッフさんが
「和菓子用にこのようなアレンジを考えてみました。」
と見せてくださった風呂敷のアレンジ。
とっても可愛らしくて感激です。


きょうの『和菓子の玉手箱』
緑色の風呂敷の中に和菓子が入ってます。

(手前にボケて写っているのが『ぱんだんご』ですよ!)

両方の輪を引っ張ると口がしぼみ手提げになります。

説明が難しいのでお店へGO!です。


何より、頼んでいないのに私の為に考えてくださっていたその気持ちに感無量で言葉もありません。


初めて店内に入って出迎えてくださった、あの時のおもてなしは一生忘れることのできない素晴らしいものでした。

こちらのスタッフの方々は風呂敷を販売すると同時に心地よさで私を包んでくれます。


本当に素晴らしいお店だと思うと同時に私自身もとても勉強になります。

本当にいつもいつもありがとうございます。


「ぱんだっ!!!」
特別に作っていただいたオリジナル和菓子です。
販売はしておりません。
協力:老松

本日もSPECIAL THANKS:唐草屋

Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス