『後の月見だんご・仙太郎』【きょうの『和菓子の玉手箱』】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフコーディネーターの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。

本日ご紹介する素敵な和菓子はコチラです。

【きょうの『和菓子の玉手箱』】


旧暦の8月15日に月を愛でる風習はご存知のとおり、「中秋の名月」「十五夜」や「芋名月」と呼ばれます。
そして、旧暦の9月13日に月を愛でることを「十三夜」「後の月」や「栗名月」といいます。
この日は月見団子の他に栗をお供えします。
今年は10月17日がその日にあたります。


きょうの『和菓子の玉手箱』

お月見だんごに栗を飾って・・・
ぜひ「十三夜」には召し上がっていただきたいお菓子です。


「後の月見だんご」
仙太郎(本店)
京都市下京区寺町通仏光寺上る中之町576
(075)351-0557

Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス