『もらい水・紫野源水』【きょうの『和菓子の玉手箱』】 | きょうの『和菓子の玉手箱』

きょうの『和菓子の玉手箱』

京都で活動する、和菓子ライター・和菓子ライフコーディネーターの小倉夢桜-Yume-が『今だけ』『ここだけ』『あなただけ』をコンセプトに毎日お届けする京都の素敵な和菓子たちの世界!


テーマ:

こんにちは!
京都で活動している和菓子ライフコーディネーターの小倉 夢桜-Yume-です。
こちらのblogへご訪問くださりありがとうございます。

本日ご紹介する素敵な和菓子はコチラです。

【きょうの『和菓子の玉手箱』】


加賀千代女が詠んだ「朝顔やつるべとられてもらい水」という有名な句があります。
朝起きて井戸に水を汲みに来てみると、朝顔のつるがつるべに巻きついていて水が汲めません。
切ってしまうのがかわいそうなので、近所に水をもらいに行きました。
という内容のです。


きょうの『和菓子の玉手箱』

その句を題材に朝顔の花に朝露が溜まっている様子を表現しています。
白こしあんを練切りで包んだお菓子です。
思わず、こちらのお菓子を見ていると夏の爽やかな朝を想像してしまいますね!


「もらい水」
紫野源水
京都市北区小山西大野町78-1
(075)451-8857

Yume Oguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス