どうもわだです

 

もうすぐ「人の心を動かす話し方」

いう本が発売になります。

 

これけっこう時間がかかって

出す出す詐欺になっていたやつ(笑)

 

で、今年一回目のメルマガで

こんなこと書いていました!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



ワダビジョン「気づかないふりしているかも)

2020/01/06

 

あけましておめでとうございます。

そして、今年もみっちりおつきあいくださいませ!

 

■さて・・・みなさん

どんなお正月を過ごされましたか?

 

わたし、東京にて

初詣に行き、ガキ使を見て

毎年いただいているおせちを食べて

合間に麻婆担々麺などを食べたりして

なにげ“ややお正月”でした。

 

“ややお正月”?

そう、他は何をしていたかというと

実は原稿と向き合っていて

予定もキャンセルして

元旦は徹夜という事態に陥っていたのです

 

 

■それは1年越しで

ずっと抱えている「人の心を動かす話し方」という

新しい本の原稿なのですが

今までずっと合間に

ちょいちょい変更したり

書き直ししていたのですが

何度やっても何度やっても

ずっとしっくりこないままだったのです。

 

「なんか違う」の「なんか」が見えない

どこから手をつけていいのかわからない

でも、絶対に違う。

しかし違和感は拭えない。

この迷路にはまっていたのです。

 

 

■で、

この年末に迷路の出口が見えたわけで

ようやく「なぜ1年もかかったのか?」が

わかったのですよ。

 

つまり、

増築じゃない

リフォームじゃない

土台から建て替えたい

そんな思いがわたしの根っこにあったのです。

 

たぶん、今まであまりにたいへんそうで

その事実に気がつきたくなかったみたい。

1年も!長い!(笑)

 

しかし、年末になり

いろんな仕事から解放されて向き合いました。

そしたら、

お金をだして買ってくれた人に

「ああ、読んでよかった」と言ってもらえる

自信が持てないなら、全部捨てろ。

もうおまえ作家やめろ、って

自分の内側の声がしたんです。

 

で、一から立て直しです。

 

 

■たいへんだったと思う?

 

はい、確かにその作業が実は

たいへんだけど、やっているうちに

めちゃくちゃわくわくして

楽しかったのです。

やりながら「よし!」と

笑顔になるくらいにです。(笑)

 

 

ほんとうは違和感があるのに

 

「もうここまで完成しているから」

「やってくれた編集さんに悪いから」

「いちからなんてめんどう」

「わがままと思われる」

「変えたら私が責任とることになる」

 

・・・という

思いが大きな蓋となって

ほんとうの気持ちを隠していたのです。

 

 

■私たちは

めんどうくさいという気持ちを乗り越えて

無駄にしたくないという感情を捨てないと

前に進めない時があります。

 

人間関係だって同じ

仕事だって同じ

キャリアだって同じ

 

根っこには違和感があるのに

長くやってきたし、

せっかくお金かけたし

はじめたばかりだし・・・と

気づかないふりをしていることがありませんか?

 

だったら捨ててみては?

建て替えてみたら?

 

だって、まだまだチャンスあるし

それに

「そうそう、本質ってそれなんだよ!」って

ものすごく心が喜ぶので

自分をとっても大事にする行為になったりもするのです。

 

嫌だから逃げるんじゃないです

見かけだけ

たいへんなことに飛び込んでみるってこと

 

そしたらすごいことが起こるわけです。

 

(後省略)

ではね〜

和田裕美

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当は言いたいのにいえないこと

誰かに何かを言われたくなくて我慢していること

誰かの意見に合わせてもやもやしていること

 

きっとあるかもしれません。

 

でも、気がつかないふりしているだけで

ずっともやもやが残りそうなら

一生の悔いになるかもしれないから

ひっくり返すときがあってもいいのだと

思います。

 

ではね〜

あ、本は4月中旬に発売です

 

わだひろみ