どうも和田です

 

「わくわく伝染ツアー」が終わって

1週間が経ちました。

 

なんだか、試合が終わったような気配です

あまりにも楽しかったし

たくさんの人と会えて再会もできてたので

余韻がまだ続いています。

 

 

実は

なにを話すか

どんな演出にするか

ということを

半年以上、考えていて・・・・

なかなか決まっていなかったんです。

 

でも能天気だから

 

「そのうち、ひらめきが降りてくる」と

 

信じていたんですよね

でも降りてこん!

 

舞台監督に

開催1ヶ月前くらいに

「台本まだですか?」と聞かれたときは

さすがに焦ってました。

それで

熊野本宮大社にいったりしてたんです。

10月の6日に行ったので

もう20日前のカウントダウン。

ひらめき体質になるにはやっぱり神社に

行くしかない!

 

「これでいこう」とようやう

決めたのが

1週間前なのですが

やっぱり神社効果ですよね?(笑)

 

熊野本宮大斎原

  ↓

 

 

 

 

結局、どれだけ時間があっても

もっとよくならないか?

さらによくならないか?

 

と、欲が尽きない限りは

どんなことだってぎりぎりになりますよね

 

ええ、先延ばしにしたから

ぎりぎりになったんじゃないのです

(きっとそう)

 

では写真で振り返りつつ

「わくわく伝染ツア2019ー」を振り返りますね!

 

 

今回は日本橋三井ホールにて。

 

開演まえの様子

 

リハの前にメイクを

 

今回は贅沢に

ヘアはミヤマさん

メイクはアイさん

 

 

 

入場してからは

DJ ホワイトタイガーさんに登場してもらって

生音BGMです。

 

 

 

 

そして、いよいよ

本編のはじまりです〜。

 

と、いきなり体操服?

 

はい、

これは小説「タカラモノ」の冒頭シーンです

前もって収録した心の声や父、母の声に合わせて

一人芝居をしました。

お芝居の演出は足立拓也さんにお願いしています。

(吉本神保町花月の演出家さんです)

 

 

影声は前もって収録

リハを繰り返してたので

恥ずかしいのは通り越えていました

 

 

 

その後のオープニング映像のあと着替えて登場

 (過去のわくわくのロードムービーです)

 

今回は、「折れない心」がテーマですが

小説の「タカラモノ」のなかにある

私自身の折れないテーマシーンを平行線の

二本立てで伝える構成です。

 

なんか勇ましいですね

 

途中、アドリブで舞台から

男性を読んでセットをつくるシーン

 

 

 

 

 

今回は全員でカルタもしました

わくわくのために製作した

「人生よかったカルタ 食べ物編」と

「人生よかったカルタ おじさん編」を披露

 

 

最後の朗読

 

 

そして、エンディグムービーが流れて

(伝言ノート)

 

着替えて登場です。

 

 

洋服が

 

陰陽から白に変化したという流れのこだわりに

気づいてくださった方いたでしょうか?(笑)

 

 

 

みなさん、ほんとうにありがとうございました!

 

 

 

 

まとめ

 

折れない心の5ステップ

 

1 誰かのために

2 自分のために

3 心の声を強くする

4 技を磨く

5 捨てる

 

出てきたキーワード

 

未来の不安、ライフシフト

世界はよくなっている

世界2位になれた理由から

自己有用感と自己肯定感

他人モード

レビュー操作と決めれない日本人

ふくとめじろう?

あなたの成功を楽しみにしている人がいる

陽転思考

客観視(メタ認知)

谷のキノコを探そう

和田式「ももたろう」

災い転じて福となす

類推話法

1日5万回の声

めんどくさいチャンス

コネクティングザドッツ

カセギスキルのコツ

天国貯金

5つの財産

誰かの役に立てることは?

期待と執着を捨てる

トンネルは近道 など

 

5年前に

もうやらないつもりでファイナルをして

でも今回だけの復活と思ったけれど

 

お花を贈ってくれた方の言葉とか

みなさんの声を聞いていたら

またやろうと思いました。

5年も待たせてごめんなさい。

 

 

では〜

 

和田裕美