どうもわだです

 

これは先月の「陽転エデュケータースクール」のとき

2月の中旬だったので

あっというまに・・・。

 

わたしのことを

以前から知ってくださっている方は

すでに「陽転思考」について

わたしがずっと伝えてきたことを

ご存知かと思います。

 

実は陽転思考を伝えてくださる方を

育成するコースがあって

それを「陽転エデュケーター」と呼んでいるのです。

 

エデュケーターとははラテン語の

「educo』(意味:引き出す)という語源から生まれた名前です。

文字通り、難しいことを教えるのではなく、

体験を通してその人の内側にある“よい側面”を

「引き出す」し、新たな気付きを起こす

お手伝いをさせていただく役目です。

 

もちろん、いろんなワークをして

授業を覚えてもらっています。

 

参加されるみなさんには

「人生よかったグラフ」というワークを

覚えてもらうために

実際にご自身もやってもらうのですが

 

このときに

いかに人の過去に

いろんなことがあったことを

あらためて和田はは知ることになります。

 

今、普通の顔して

  明るく生きている人だった

人にわざわざ語っていない

辛い思いがあるのです。

 

で、大事なことは

けしてそれを乗り越えたのではなく

それをを抱えて

それを(ときに時間をかけてゆっくりと)

自分の力に変えていっているんです。

 

▼画像をクリックすると、リンクへ飛びます。

 

 

 

さて、この授業を受けたMさんのメッセージです

 

・・・・・・・・・・・

 

先週の陽転エデュケーター講座に続き、

話し方講座も受講させて頂き

とても充実した幸せな2週間でした。

 

私は人より劣っているという劣等感、

孤独感をずっと抱えていました。

2歳の時に大きな病気をした事がきっかけです。

集中治療室に入り、親も面会できずにしばらく隔離されていたこと。

それによって、保育園で何をしても人より成長が遅れてしまい、

だんだんと自信を無くしました。

そして、一人っ子で鍵っ子ということもあり、

心を許せる友達もいない、

両親は帰りが遅く学校から帰ると寂しくよく泣いていました。

夏休みは朝から晩まで一人で苦痛しかありませんでした。

 

でも、この過去は今思えば特別な事ではなく、

問題は私がずっと子供の頃のトラウマばかりにフォーカスして

不幸を巻き込んで生きてきた事でした。

自信がないので、何にも挑戦しない、

だから成長しない、ますます自信がなくなり、やる気もなくなる。

孤独を感じたくないから人ともあまり関わりたくない。

逃げてばかりの人生でした。

 

何とか変わりたいと思っても、

方法が分からない。。。

宗教も何かちがう。。

本を読んだりして得た上辺だけのスキルでは直ぐに躓いてしまう。。

 

もうこれは自分と向き合わなくては変わらない!!

と思った時に、偶然(必然だったかも)和田さんの陽転思考に出会いました。

「良かった探し???」よく分からないながらも変わりたい一心で、

とにかく30日間続けてみることにしました。

すると、みるみると自分の心が晴れてくるのが分かりました。

自分はとても幸せなんだ!

恵まれてるんだ!と気付く事が出来ました。

 

周りの小さな事に感謝するようになると

段々と自己肯定感も上がって来るのを感じました。

 

自分にはこんな良い所があるのか!

自分が何となしに簡単に出来る事でも

他の人は出来ないんや!

1人っ子だったからこそ、

人が出来ない経験をさせてもらってる!

寂しい人の気持ちが分かるから今の仕事に役に立ってる!

 

陽転思考で固く閉じていた蓋を少しずつ開けて中身を取り出し、

過去を清算出来ました。

「なんや‼︎ こんな恵まれてたのに

過去に捉われて不幸を自ら選んでたんや‼︎」

捉え方でこんなにも人生が変わるのか!

自分の事ながら驚きでした!

 

「事実は1つ、考え方は2つ」

この言葉は簡単なようで奥が深く

私の人生を大きく変えてくれた言葉でした。

 

和田さん本当にありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Mさんよかったです。

 

人は変われるんですよね。

陽転エデュケータースクールの講座は

来年までないんですが(苦笑)

 

各地で陽転エデュケーターさんたちが

わたしの代わりに講座をやってくれています。

 

▼画像をクリックすると、リンクへ飛びます。

 

 

またわたしも

軽井沢にて語ります!

 

 

▼画像をクリックすると、リンクへ飛びます。

 

 

まっていますね!

 

 

 

ではね〜〜

 

 

話すぎて疲れています

 ↓