どうも 和田です。

 

昨日のメルマガで

「ひとりパワハラ。」のことを書いたら

いろいろと反響があったので

ここにも最後のほうに

載せておきますね。

 

メルマガワダビジョン(無料)

http://special.wadahiromi.com/mailmagazine/

 

 

最近、いろいろと

パワハラとかセクハラとか

ブラック企業とかということに

とにかくデリケートな世の中なので

経営者の人と話をするときに

よく

「でも、これ言うと

 パワハラになってしまうんだよな」

という言葉が出てくるようになったんです。

 

深刻なパワハラがあることは

事実ですが

わたしは

上司に怒鳴られまくったこともあって

そんな厳しい環境で

育ったし、それで

自分を改革できたという今があるので

怒らない上司よりも

厳しく怒ってくれる人のほうが

本質は”やさしい”と思っているんです。

 

 

これから先

お説教してくれる

人がいなくなったら

わたしはとっても困るので

 

「ひとりパワハラ」を

実行しているのです。(笑)

 

誰にも迷惑かけません!!

 

以下、メルマガ貼り付けます!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは 和田ひろみです。

■今、すごい反省しているのですが、
なんでかというと、連休に合わせて
今、書いている原稿の
「ノルマ」を設定していたのです。
しかし、どうしたことでしょう?
なぜかその「ノルマ」(何ページ書くとか)から
程遠いところに、わたしは今いるのです。

遠い……。

こたつでウトウトしているときの
ベッドくらいに遠い。
どうしたらいいのかと思いますが
なんでそんなことになったかは
自分でよくわかっているので
ぜったいに、“なんとかします”けど。

…と、「ぜったいになんとかします」という
強気の発言ですが
やるしかないことを
「どうしよう」とか
「できなかったら」とか
考えても仕方ないですもん。

そんなこと考えている暇あったら
キーボードを叩け!という感じ。
そう、
自分のツケは自分で払うしかないのです!

■と、できなかったくせに
偉そうなことを言っていますが(苦笑)、

わたし、営業時代から上司に
こう言われて育ってきたんです。

「自分のケツは自分で拭け!」

そして、これを守ってきたからこそ
世界2位にもなれたし
支社長にもなれたんですよね。

たとえば、目標設定をして
それができなかったときに

「精一杯やったんですが…」と言ったら

「おまえ、精一杯ってその程度?
 よく寝たような顔してよく言うなあ。
 本気でぜったいにやると決めたら
 最後までやりきると決めたら
 もっと、ふらふらになっているよな」

と、言われてきました。

いまだと、パワハラ感満載で
へたすると「ブラック」と
言われるでしょうね。

だから、もしかしたら
わたしはパワハラを受けて
ブラック企業に
いたのかもしれないのですが(笑)、
わたしは、そんなふうに
育ててもらったからこそ
得たものが大きいので
すごく感謝しているんです。
わたし、怠惰だし、
言われてこなかったら
「なんとかします」と自信満々に
言えるような人になっていなかったです。

電通の問題があってから
そういうことすごくデリケートで
なんか、そんなこと言う上司も
これからどんどん
いなくなるのだと思います。
だからこそ、これからは
誰に言われなくても自発的に
「やりきる」という習慣を作っていかないと
いけない時代かなと思います。

とにかく、会社が、上司が、親が
とかではなく
自分で「これだけやります」と言って
それを「やりきる」癖を持つ。
自分との約束を守る人になれたら
けっこういろんなこと、
達成できるようになりますもん。

■「自分で自分のケツを拭く」とは
自分の決めたことに
自分の言動に
責任を持つということです。
(女として「ケツ」という言葉を使うのに
 やや恥じらいが(まだ)ありますが
 ここは、大事な言葉として
 あえて「ケツ」と言わせていだたきます)

ひとりでケツも拭かない人に
成功も出世も昇進も
ありっこないです。

ノルマ、課題、ミスなど
自分の責任において
やるべきことがあるはずです。
それが自分の成長になるので
自分でなんとかするのです。
できるかできないではなく
とにかく「する」、動くのです。

■ということで
お勧めしたい方法があります。

それは
「ひとりパワハラ」です(笑)

さっきも言いましたが
もう、世間が怖くて
あなたに厳しく言ってくれる人は
絶滅していきます。

だから、自分のなかで
もうひとりの自分をつくって
その人に「パワハラ」してもらうのです。

「おまえ!さぼってんじゃねーよ」
「おまえ、バカか」
「おまえ、いっかい死んでこい」

と、自分に言う。
どうでしょうか?

とにかく、わたしは
今から「ひとりパワハラ」をします。
基本、どMかもしれない…という
疑惑は置いといてください。

では、ノルマに向かって
あなたも、「精一杯」するのですよ。


和田裕美

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここまで!

では、ドMの方は

ぜひ、やってみてください(笑)

 

わだ