どうも わだです、

 

先週のネタをひっぱっててすみません

でも石巻には情報がたくさんあるのです!

 

さて、

一生お金に困らなくなる神社

「金華山黄金神社」にまつわる話として

2回にわたって書いてきましたが

 

  

 

「一生お金に困らなくなる神社→金華山神社に行ってきたよ」

https://ameblo.jp/wadahiromi/entry-12333201329.html

 

「金華山黄金神社の「道中でテンションあげていこう」

https://ameblo.jp/wadahiromi/entry-12333629269.html

 

 

今回は、3回目

神社の帰りに寄りたいカフェです!

 

ここも、東京FMのエグゼクティブ、延江浩さんが

前に取材てきたということで

連れてきてもらいました。

 

津波に流されないで残った

古民家をカフェにされています。

 

「はまぐり堂」

https://www.hamaguridou.com/cafeはまぐり堂/

 

 

なんとも、ときめく

インテリア。

 

 

金魚も幻想的です

 

 

手袋が売ってました!

この毛は、ここで飼っていた

黒い羊くんの毛を紡いで

作った手袋でここだけの3点のみ。

 

ひつじくんは

老衰で亡くなったそうですが

その最後の羊毛だそうです・

 

 

 

はめてみた!

やさしい!心が癒される手袋です。

 

で、買いました!5000円。

 

 

手作りケーキ

 

 

 

 

コーヒーのお皿がわりの板がおしゃれなので

「この内装とか

 このコーヒーの板とか

 どんなインテリアデザイナーさんが

 作っているのですか?」と聞くと

 

アルバイトの女性が

 

 「いや、すべてオーナーです。

  もとは高校の物理の先生だったんです。

  震災まではここに住まわれていて

  そのあとは、別の場所に引っ越されて

  ここをカフェにされたんです。」

 

 とのこと。

 

  こんなおしゃれなカフェを作る

  元物理学の先生?

  

  なんとなく、黒いタートルネックを着た

  ダンディーな方を想像する。

 

  で、居心地がいいので

  長居していたら

  そこにオーナーが登場!

 

  ぜんぜんイメージ違った!

 

 若いオーナーでした。

  

さて、このカフェのある場所は

石巻牡鹿半島にある蛤浜。

震災の津波でかなり流されてしまったそうです。

今、住んでいる方は2つの民家だけだそうです。

人が少なくなって

思い出の浜がさみしくならないようにと

このカフェは生まれたそうです。

 

写真のオーナーさんの

奥様も津波でお亡くなりになったそうです。

 

上を見上げると

神棚が。

とてもめずらしい紙垂(しで)がかかっています。

 

 

聞けば

これは、海のそばにある家に

海を祀るように作られた特別な紙垂だそうです。

 

ほんとうにすてきなカフェでした。

なにかとても暖かいところでした。

 

神社の帰りはここに立ち寄ってくださいね。

 

では〜

 

わだ

 

 

 

リブログ(1)

  • プライスレスな出会い

    ご訪問ありがとうございます。小野優雅子です。和田裕美さんの半年にわたるセミナーが終わりました。セミナー前半は座学中心だったので、超プレゼン上手な講師の方の講義を聞いているだけで良かったのですが、後半からは「実践篇」ということで何度も自分がプレゼンしなくてはならなくなり、話す内容話し方見た目全てにおい…

    worklifeharmony

    2017-12-10 04:19:41

リブログ一覧を見る