どうも 和田です。

 

今週の月曜日に

試写会に行ってきました!

 

実話の、ドキュメンタリーです。

 

「SONITA」(ソニータ)

 

 

 

海外で、

 

友人の関根健次さんが代表をされている

ユナイテッドピープルさんは

 

世界の問題解決のために

世界をもっと幸せにするために

 

世界中から、とにかく

メッセージ性の高い映画を買い付けて

配給されている会社です。

 

今回は、そのなかでも

最近の一押し映画ということで

20人くらいの

シークレット試写会に呼んでもらったんです。

 

関根さんと。

 ↓

 

 

 

とにかく、予告編を見てもらえれば

どんな映画なのか、わかってもらえると

思いますが

(ここにあります → 「SONITA」

 

10代で、年ごろになったら

会ったこともない人の嫁として

生活のために売られる娘。

それがアフガニスタンの慣習だとか。

 

その相手は60歳とか、80歳の場合もあって

相手の一番目の奥さんではない場合もあるそうです。

 

 

多くの少女が

どうすることもできずに

あきらめて売られていくなかで

 

この映画のソニータだけは

夢をあきらめず

ラップにすべての思いをこめて

歌うのです。

 

そして、彼女は

自分の力で人生を変えるのです。

 

他の女の子に

変えることができなかった運命を

なぜ、ソニータだけが

できたのか?

 

それは、彼女が

夢を持っていたからです。

 

「こうなりたい」という自分のイメージが

明確だったから

人生が変わったんです。

 

だから、映画を見てもらえれば

わかりますが

 

見終わると、

やる気がでます。

 

いや、ほんとうはもっと社会的な

メッセージを伝えたい映画なんだろうけれど、

 

わたしにとっては

 

「生まれたときに配られたカードが

 よくないカードでも

 ゲームの大逆転ができるんだ」って

強く思わせてくれる映画でした!

 

つまり、爽快なんです!

 

配給はまだ全校5箇所ですが

もっと広がるように応援していきます、

 

この映画の

クラウドファウンデングもあります。

こんな映画を応援をすれば

夢を叶える力のおすそ分けをしてもらえそうです。

 

ではね〜

 

わだ@神戸より。

 

リブログ(1)

リブログ一覧を見る