今日は"ラスト1DAY"

どうも 和田です。

 

今日は、8月31日です。

 

 

平日は、毎日かかさず書いている

「ワダビジョン」という無料メルマガでも

 

 

8月のがんばり次第で

9月からの流れが作れる!

 

ということを

なんどもなんどもくりかえして

言ってきたのですが

 

ついに、今日

"ラスト1DAY "となりました。

 

営業の方も

そうでない方も

悔いなくやり切ってください。

 

達成することももちろん

大事だけど、

それ以上に大事なことは

 

9月1日になったときに

 

「わたし、ここまでがんばったから

 ほんとうに悔いはないです。

 自分で自分を褒めたいです」と

 

たとえ、達成できなかったとしても

心の底から言えることなんです。

 

あと、1日という段階で

 

ぜんぜん目標から遠いところにいたり、

残った仕事(宿題)が

とうてい1日では終わりそうなにないと

なっていると

 

「もう、いまさら

 がんばっても無理」と

 

もう、すっかり

あきらめてしまうことが多いのです。

 

でも、大逆転の奇跡のようなドラマは

「もう無理だ」と思ってから

始まるんですよね。

 

だから、到底、無理と思っても

あと1分でも時間が残っていたら

やっぱり最後まで

わずかな可能性にかけて

やったほうがいいです。

 

ゴールまで辿り着くのは

到底無理でも、

一歩近づくことはできるし、

その一歩が

人生を大きく変えていくのだと思うのです。

 

 

もし、今日のような

締めの大事な日に

 

目を吊り上げた、営業部長に

 

「君たち、どうするの

 こんな結果でどうするの

 あと1日で、できるの

 ちゃんとやってんの?

 そもそも、やる気あんの?」

 

というようことを言われたら

さらに、やる気が減ってしまうので

うまくかわしながら、心で受け止めないで

 

「一歩でも、ゴールに近づく」とことだけを

心に持って、やりきってください。

 

 

わたし、今

営業の本を書いているんですが

実は、締め切りが

8月20日だったんです。

 

到底終らないゴールだったので

 

「あきらめが肝心なんだ

 わたしは、はやく「もう無理」という

 決断を下すべきなのだ」

と、思って

逃げようとしていたのですが

 

人に

「最後までやり切ってください」とか

偉そうに言っていることを思い出し、

なんとか、逃げないで

できるところまで、書いて

とにかく提出したんですよね。

 

半分しかできかなったけど、

あのとき逃げていたら

三分の一しかできてなかった・・・・。

 

そして、原稿が半分あったことで

九月まで締め切りも延びて

待ってもらえることになったのです(笑)

 

まあ、私の逃亡未遂については

置いておいて、

 

あと、数時間で

8月は終ります。

 

楽しく、笑って

悔いなくやって

達成しなくても

自分のなかで

達成感を持ってください!

 

ではね〜

 

和田裕美

 

終ったら、乾杯しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リブログ(1)

リブログ一覧を見る