ラマダーン月

「アフリカでは、飢餓でお腹が空いても食べるモノがない人もいるのよ。こんなに残しちゃってもったいない・・・」

と若い母親が子供を叱る。

でも、若い母親も子供も、空腹に堪えた経験はない。だから、言葉に実感はこもらず上滑りする。

かくして食べ物は粗末にされ、飢餓に苦しむ国の映像を見ても、同じ社会に貧困で苦しむ人がいても、そこにストレートに手を差し伸べることができない。


15日からラマダーンが始まったことを、aminaさんの記事で知った。

ラマダーンを、単なる苦行としての断食ととらえる人も多いが(確かに忍耐力を養う意味もある)、食べ物が与えられていること(生かされていること)への感謝の気持ち抱き、そしてお腹が空いても食べる物がない貧しい人達がどんな思いなのか・・・を、共同体の全員が身をもって体験することも、その目的としてあげられる。

やっぱ、自ら体験しないと、
わかんないことってあるよね。

自分は、ちょうどラマダーンの時にはカイロにいなかったので体験はしていないんだけど、大家さん家族とか友人達は、ラマダーン月を楽しみにしていた。ラマダーンの前に日本に帰国しちゃうといったら「なんで!ラマダーンまでいればいいのに。△△△っていうお菓子を大量に作るんだよ。あと△△△も用意するしね」など、マダム・サミーラは、いくつもの料理の名前をあげて「残念だわ」を繰り返した。断食明けの食事(イフタール)限定の料理というのがあるらしい(ナツメヤシとか決められているもの以外に)。日本のおせち料理みたいだ。

そっか、別に憂鬱な一ヶ月というわけではないのか。

なんでも、割と夜は豪勢な食事になるらしく、親戚の家に訪問してみんなでわいわい談笑しながら食べたり、子供達も夜更ししたりで、「ラマダーン月は太るから、終わったら断食しないと・・・」と冗談を言っていた人もいた。

ふむふむ。

ということで、ムスリムじゃない自分は断食はしないが、健康のため期間中、「断酒」を決行することにした。全世界のムスリムが水を飲むのすら耐えているのだと思えば、楽勝だろ。よっし!


追記:ラマダーン風景を見事にレポートしたページ発見♪
カイロのラマダーン

追記:ちなみに牛角は19日まで半額キャンペーン(含む生ビール)