京丹後から取り寄せた正絹羽二重で作る椿のくしです。 

東大寺の春を告げる行事、お水取りで二月堂を飾る白と赤の椿をイメージして作りました。 

 

つまみ細工の基本、丸つまみを重ねて覆輪の花びらにします。

 初めての方は難しいかもしれません。 

が、 

基本の丸つまみを練習するところから始めますので、安心。 

昔ながらのでんぷん糊を使って正絹羽二重を葺いていきます。

 わからないところは質問し、綺麗な椿を作りましょう。 

つまみ細工のほかに、花芯、葉の作り方、櫛の仕立て方などが学べます。 

 

c4e5fbd8f6eb15cfa1ec6d1ab58a5f09_b4978872c382de0

 

 好評の雑学は『茶花の女王』と呼ばれる『椿』の話し。 

時の権力者に愛された椿は江戸時代に品種改良が盛んになります。 

葉っぱが金魚の形をしている椿、見たことあります?現代でもちゃんとあるんですよ。 

 

08530bbbdba33d3f7e954d8ab1b295fa_96e9c1502cd45f7

 

 ★難易度 

★★★☆☆ 少し難しい  作ることが好きな方にお勧めです。

 (初めての方でも受講できます) 

 

★学べること 

道具の使い方 

でんぷんのりについて 

丸つまみのやり方 

重ね丸つまみのやり方 

葉の作り方 花芯の作り方 

くしの仕立て方

 江戸の雑学・植物の話(進捗により省く場合があります) 

 

 ★日程・時間 

2018年1月27日 土曜日 

open 12:50   start 13:00  close 17:00 

所要時間 240分 

終わった方から乾燥とお茶の時間になります。

 お時間のない方は出来上がり次第、退室可能です。  

 

 

★場所  東京都中央区銀座3丁目12-16

       銀座 Space Kona 3階

最寄駅  東京メトロ日比谷線東銀座駅3番出口から徒歩3分

      都営浅草線東銀座駅A7出口から徒歩1分

      1階は「魚て津」クリーム色のドアを開けて3階にお越しください 

5e5eba15984d43c407942331154eb8da_dd6ec9a513fa8af

 

★持ち物 

ハンドタオル(濡らしてよいもの) 

濡れたハンドタオルを入れる袋

 作品を持ち帰る為の箱や袋 (作品の大きさは 4 x 5 x 5㎝ぐらい。

時間の都合上、のりが乾く前にお持ち帰り頂いております。)  

 

 ★注意事項

 お申込みの前にお読みください。

 

 

過去の授業風景 

お問合せ 

 ★主催 Wa-Craft 

facebook