10月の江戸つまみ細工銀座教室は『葡萄』を作りました。 

サンプルは紫色とワイン色だったのですが、思い思いの葡萄を表現していただきました。

 深い紺色の葡萄も素敵ですね。  

 

 

葡萄色と書いて「エビイロ」 

海老色と書いて「エビイロ」 

どちらもエビイロなのですが、微妙に色が違う。 

葡萄色は少し青味があるような感じ、海老色は少し赤味があるような感じ。 

 

何れにしろ、微妙で言い方も同じなので、現代では混同されがちなのではないでしょうか。 

じゃあ、ブドウ色と言えばいいじゃない。と思いますが、昔はブドウのことを「エビ」「エビカヅラ」「エビツル」と言っていたんですね。 

と言うわけで、葡萄色は「エビイロ」なんです。 諸

説ありますので、調べてみるのも面白いかも知れませんね。 

 

こんな、雑学を聞きながら、作業は進みます。

 基本的な作り方と少し変わった折り方、つるの作り方などを学びました。 

つまみ細工では丸くお花の形に作ることが多いのですが、今回は変形の逆三角形に葺来ました。 

葡萄の房を思い出しながら、バランスよく配置。 少しづつ形を整えて行きます。

 

乾燥とお茶の時間はハロウィーンのスティックケーキとドトールのコーヒー&紅茶

集中して披露した脳を休めてからお帰り頂きました。