入院…

テーマ:
2月1日…
採血及びPET検査
2月7日…
腫瘍・血液内科受診
担当医より病状説明がありました

#ATL  中枢神経や脾臓、他のリンパ節病変や血液検査を考えると、急性型として移植を前提に治療を組んでいく方がよい時期に来たと考える。
治療は前回の治療よりも強い治療となり、一旦始まると、なかなか自由な時間が作れない。
次の化学療法は1ヶ月に1回(Day1,8,15-17)に
抗がん剤が入るようなかなり強い治療:mLSG15
:生存中央値(同じ病気の方が100人いて、50人になってしまうまでの期間)が始めて1年を越えた治療として注目され、現時点では標準治療と考えられる。
場合によっては命にかかわる合併症(感染症や心臓を含めた臓器障害など)も起こりうる。
このため、今すぐの入院は必要なさそうなので、しばらくできないことをして頂きたい。

移植成績についてはその時の状況にもよるが、一般的には約3-5割程度の見込み。
移植となるとその時の入院は約3-4ヶ月。

移植をするにあたり、HLAを調べる必要はある。

以上…
病状説明記録より


2月9日…
HLA検査
2月19日…
入院する事となりました

長くて大変な治療になりそうですが…
頑張るしかないですよね

厄払い…

テーマ:
娘が大厄なので…
厄払いに行って来ました

旦那さんの病気平癒のお払いも…
こちらで一緒にお願いさせて頂きました


実は…
娘が大厄の話になり
厄払いに行かないとねと話をしていたら

旦那さんの25歳の本厄の時に…
厄払いに行ってなかった事

その年に…
旦那さんのお父さんが亡くなった事を
ぽつりと教えてくれたのです

旦那さん自身…
心残りだったんでしょうね


旦那さんのお父さんは病死だったのですが…
その病気が旦那さんと同じ病気なんです

これは…
絶対一緒に行かなアカンわとなったのです


私が大厄の時には…
厄払いした後に
あの神戸淡路大震災がありました

家族が…
誰一人怪我もなく済んだのは
厄払いのお陰だと思っています


今回も…
どうか何事もありませんように